新国立競技場 建設計画白紙

2015/07/17(金)23:00
新国立競技場の見直し問題について、安倍総理はきょう、現在のザハ・ハディド氏の案から白紙に戻すと明言しました。安倍総理は今後、改めてコンペを行い、今年の秋までに建設費を盛り込んだ新しい整備計画を作る方針です。政府のいう「コンペやり直し」で2020年までに間に合うのでしょうか。専門家は、前回と同じデザインコンペからやり直す場合、時間的に不可能だと語ります。ただ、実際に建設を担うゼネコンが、設計から施工、デザインまでまとめる形でコンペを実施するなら、間に合う余地があると語ります。またロンドンにあるザハ氏の事務所幹部がテレビ東京の取材に応じ「われわれに責任があるかのようにいわれ、ザハ氏は非常に気にしている」と述べました。さらに安倍総理の側近は、2,520億円に膨らんだ建設費を2,000億円以下に抑える考えだと明らかにしました。ただ8万人の収容人数は変えたくないとしています。
続きを読む