• ワールドビジネスサテライト 20170110
  • 2017/01/10(火)23:00
左右のボタンでラインアップをご覧いただけます。
 最初のニュース>>

[主な放送内容]
トランプ次期米大統領の発言に戦々恐々の自動車業界。そんな中、開催されるデトロイト・モーターショーで、世界の自動車メーカーのトップたちは何を語るのか。ほかには、じわりと利用者が拡大する「仮想通貨」の今を取材。

[出演者]
大江麻理子
大浜平太郎
相内優香
片渕茜
梅澤高明氏 A.T.カーニー 日本法人会長

米原発事業の巨額損失問題 東芝 融資継続を要請

経営再建中の東芝は、アメリカの原発事業で巨額損失を計上する見通しとなった問題で10日、融資継続を要請するための金融機関に向けた説明会を開きました。去年12月、アメリカの原発事業を巡り、最大で数千億円規模の損失が生じる可能性があると発表したことが発端です。債務超過に陥る恐れも出てきたため、資本増強は待ったなしの状況です。説明会にはおよそ100人の金融機関の関係者などが集まりましたが、東芝からは「支援してほしい金額」など具体的なことは示さなかったと言います。今後、国内外の企業などに株式を引き受けてもらう増資や、事業の売却、金融機関による支援と、3つのシナリオが考えられますが、いずれもハードルが高く、不透明な状況です。

北米国際自動車ショー “トランプ圧力”に各社は?

来週20日、アメリカ大統領に就任するトランプ氏。選挙の公約だった雇用拡大の実現のため、ツイッターなどを通じて企業への「口先介入」を続けています。アメリカ・デトロイトでは、北米国際自動車ショーが開かれていますが、主役のはずの新モデルのクルマよりも、トランプ氏の圧力に対する各社の対応に注目が集まってしまう状態です。そんな中で、トランプ氏に名指しで批判されたトヨタ自動車は日本円で1兆円の投資を今後5年間行うと発表し注目を集めました。さらにトヨタが強調したのは「アメリカ製」。主力セダンのカムリがケンタッキー州で製造されていることをアピールしていました。一方、同じく名指しで批判されているGM=ゼネラル・モーターズもアメリカ・ミシガン州で生産するSUVの新モデルを発表。トランプ氏の“圧力”に耐えかねて、自動車メーカーが次々とアメリカでの投資を打ち出す事態となるのでしょうか!?

仮想通貨元年? ビットコイン爆騰のワケ…

ビットコインの取引価格はこの1年で、約2倍に高騰。直近は少し下落していますが、5日には1ビットコインあたり、日本円で15万円を超える過去最高値をつけました。仮想通貨「ビットコイン」の取引所を運営する「レジュプレス」のユーザー数はこの1年で約7倍に。さらに今年に入り、申請が1日で1,200件に上ることもあります。2015年3月にビットコイン決済を導入したすし店では、今では月に約70組が利用しているといいます。去年11月には、電力小売りに参入した三ツ輪産業では、電気料金の支払いにビットコインを導入。一方、金融機関でも仮想通貨への注目は高まっています。メガバンクも独自の仮想通貨発行に動き始めていて、実現すれば決済や手数料などの手数料が大幅に引き下げられると期待されています。

国内旅行に“熱視線”のワケ

ANAグループのLCCバニラエアは、関西国際空港と鹿児島の奄美大島を結ぶ新路線を3月末に就航すると発表しました。バニラエアは3月までに、成田-函館線など合計4路線の就航を予定していて国内路線を拡充しています。旅行大手のJTBでも、1万円で2万円分の旅行券として使える国内旅行用の割引クーポンを発売。3種類中2種類が昼までに完売しました。いま、日本人の国内旅行客の消費額はおよそ20兆円で、前の年より10%以上増えています。日本航空が先月から始めた“どこかにマイル”。通常の半分、6,000マイルで航空券に交換できますが、行き先は選べません。それでも、サービス開始初日だけで数百件の応募があったといいます。実際に、「どこかにマイル」を利用する人を取材しました。航空券代がかからなかったため、現地で少し贅沢できたようです。専門家は、国内にはまだまだ大きなビジネスチャンスが眠っているといいます。

安倍VS小池 都議選めぐり協議

安倍総理と小池知事。5ヵ月ぶりの会談です。東京都の小池知事は、安倍総理大臣と会談し、夏の東京都議会選挙で、自らを支持する都議で議会の多数派を形成したい考えを伝えました。小池氏周辺によりますと、会談は、安倍総理から持ちかけられたもので、表向きは2020年の東京オリンピック・パラリンピックの予算を議論する形をとりましたが、実際は都議選の対応について話し合ったもようです。小池知事側に多少譲歩しても対立を避けたい安倍総理に対し、小池知事は自民党とは距離を置く考えで、新党設立も視野に準備を進める構えです。

中国 16年成長率6.7%前後

政府目標は達成したものの、26年ぶりの低い成長となります。中国政府は2016年のGDP=国内総生産が6.7%前後になるとの見通しを発表しました。政府が最低目標として掲げた6.5%は超えますが、26年ぶりの低い成長となります。また同時に発表された2016年の消費者物価指数は1年前に比べ2%上昇となり、政府目標の3%前後を下回りました。

経団連会長「過剰反応すべきではない」

経団連の榊原会長は、きょうの会見で、アメリカのトランプ次期大統領がトヨタ自動車のメキシコ工場建設をツイッターで批判した事に対して「ツイッターに過剰反応すべきではない」と述べ、「就任後にどういう政策を出すのか注視したい」と冷静に対処する必要があるとの考えを示しました。

トランプ氏娘婿ホワイトハウスへ

アメリカのトランプ次期大統領は9日、娘のイバンカさんの夫で実業家のジャレッド・クシュナー氏を大統領上級顧問に起用すると発表しました。クシュナー氏は大統領選の選挙戦略や次期政権の閣僚選びにも深く関わるなど、トランプ氏が信頼を寄せる腹心の一人で、去年11月の安倍総理大臣との会談にも同席しています。

安倍総理 長嶺大使と対応協議

韓国で慰安婦を象徴する少女像が設置されたことへの対抗措置として一時帰国している韓国駐在の長嶺大使はきょう安倍総理大臣と面会しました。これまでの経緯を報告するとともに韓国政府への今後の対応方針などについて指示を仰いだとみられます。長嶺大使は、あす岸田外務大臣とも協議しますが今後、韓国側に改善の動きが見えない場合は、日本政府として新たな措置も視野に検討する方針です。

【白熱!ランキング】財布

今年は、「福を取り込む」や「金を取り込む」と言われる酉年、財布を買い換えると縁起がいいそうです。そこで、東京駅の八重洲口にある「大丸東京店」で財布の売れ筋を徹底調査しました。こちらの財布売り場は、約2,000種類の品揃えを誇ります。売れ筋は、1万円台後半から3万円台で、ランキング上位をしめたのは、長財布でした。

消費者心理 3年3ヵ月ぶり高水準

きょう内閣府が発表した消費動向調査によると、12月の消費者態度指数は43.1で、前の月から2.2ポイント上昇しました。これは2013年9月以来、3年3ヵ月ぶりの高水準です。天候不順による野菜などの価格高騰が一服したことや、円安・株高が進んだことで指数を構成する「暮らし向き」や「収入の増え方」などの4つの指標項目すべてが上向きました。一方で、基調判断は「持ち直しのテンポが緩やかになっている」として、先月から据え置きました。ローソンの玉塚会長に消費の現状を伺うと、「確かに去年末ぐらいから少し(消費の)ムードは良くなったかもしれない。日本で消費が上がってくればいよいよデフレ脱却という流れになるので、我々企業も努力していろいろな形で消費を盛り上げていく」と話しました。

【トレたま】道案内する石

【商品名】
Compass Stone(コンパスストーン)

【商品の特徴】
地図アプリと連動させて、目的地の方角を光で教えてくれる。地図に集中すると見えにくい風景を楽しんでほしいという狙いで開発。

【企業名】
YEAAH(ヤー)

【住所】
東京都渋谷区恵比寿

【価格】
1万8,000円前後

【発売日】
7月発売予定

【トレたまキャスター】
片渕茜

早くもバレンタイン商戦!

百貨店では福袋など正月商戦が終わったばかりですが、早くも次の戦いが始まりました。あと一ヵ月後に迫るバレンタイン。今年の注目は…高島屋はきょう今年のバレンタインで売り出すチョコレートの試食会を行いました。今年は4つの日本初上陸のブランドを含め、国内外のおよそ130のブランドのチョコレートを全国で発売します。なかでも注目は漫画「ベルサイユのばら」とコラボした商品です。最近では女性同士で交換したり、自分のために購入したりする需要が高いことから、幅広い世代の女性に人気の漫画とコラボしました。また去年は2月14日が日曜日でしたが、今年は火曜日。会社や学校での義理チョコ需要が高いことを期待し高島屋は前年より25%多い売り上げを目指しています。

明日の経済と解説

【コメンテーター】梅澤高明氏(A.T.カーニー 日本法人会長)

z
[注意事項]当ホームページは、報道目的のニュースサイトとして作成されたもので、その内容は当該放送時点のものが掲載されております。