世界の異常気象と戦う!ニッポンの技術

2017/01/09(月)22:00
いま世界中で異常気象による大災害が頻発している。日本は何ができるのか?大規模な森林火災が起こるインドネシアでは、日本のシャボン玉石けんが食い止めようとしていた。さらに洪水被害のタイのために、なんと水上を走る“スーパー電気自動車”を開発していた。
<世界を脅かす森林火災…“石けんの泡”で救う>
インドネシアで毎年乾季になると、上空が白い煙に覆われる。その原因は、土の中が燃えるという特殊な火事「泥炭火災」。消しても消しても燃え続けるこのやっかいな火事に、日本のシャボン玉石けんが立ち向かう。その武器は、なんと「石けんの泡」だという。
<バリ世界遺産が危機…地滑りを防ぐ“魔法のシート”>
インドネシアのバリ島で、「女神が住む聖なる湖」とも呼ばれ世界遺産バトゥール湖が危機に瀕している。その水深が年々浅くなっているというのだ。原因は湖畔にある山の地滑りだった。そこに救世主が…山の斜面に敷かれていたのは“魔法のシート”。日本の企業が開発したもので、敷くだけで地滑りが防げるのだ。
<終わらない洪水被害のタイを救え!驚きの“スーパー自動車”>
2011年の大洪水で壊滅的な被害を受けたタイ。しかし、洪水は今でも日常茶飯事だという。そんな中、日本の電気自動車ベンチャーが開発したスーパー自動車を持ち込んだ。なんと水上を走るという。いよいよお披露目の日、その光景にタイの人々が驚いた。
続きを読む