• 日本の医療が世界を救う!
  • 2017/01/23(月)22:00
医療先進国ニッポン、その技術をいかに世界で有効的に使えるかを考える、シリーズの第一弾。今回はベトナムでの事象を三つ取り上げる。経済成長著しい国で増える病に対し、日本人医師がその技術と最新式の治療法で挑む。また、日本人なら誰もが知る“あるモノ”が、ベトナムの地方都市で赤ちゃんの死亡率を劇的に低下させていた。それは一体?
<女性脳神経外科の開拓者が巨大動脈瘤に挑む!>
名古屋の病院に60代の凄腕女性脳神経外科医がいた。その症例数は、女性脳神経外科医としては、世界一と言われている。今回この女性脳神経外科医が挑むのは、頭の中に3センチもの動脈瘤(血管のコブ)が出来たベトナム人の男性。動脈瘤が原因で目が見えなくなってきていた。
ベトナムの医師では救えないというこの男性、凄腕女性医師はどう挑むのか?
<ベトナムの若者を“脊髄損傷治療のスペシャリスト”が救う!>
経済成長と共にベトナムで多くなっているケガが、脊髄損傷。バイク事故や建設現場の高所からの転落が主な原因だ。脊髄を損傷すると、手や足が動かなくなる恐れがある。
そんなベトナムの人たちを救うために立ち上がったのが、大阪の病院に勤める、脊髄損傷治療のスペシャリスト。この日本人医師、従来の方法より“効果が高く”“安く”“短期間”で改善する方法を新たに発見した。今回その治療を受けるのは、3カ月前に交通事故にあい、足が動かず、手にほとんど力が入らなくなった若い男性。日本人医師の治療に一縷の望むを託す。
<赤ちゃんと母親を救う 日本の“あるモノ”とは?>
東南アジアやアフリカでは、未だ赤ちゃんの死亡率が高い。そんな現状を打破するために日本のあるモノが役に立っている。それは・・・日本の母子手帳。この母子手帳の導入でベトナムの地方都市の赤ちゃんの死亡率が約半分になったという。なぜ、母子手帳にそんな効力があるのか?日本のモノとどう違うのかなどを取材。

この日の放送内容(選択した場所から再生します)

  • 00:00:00
  • 00:18:57
  • 00:33:38
[注意事項]当ホームページは、報道目的のニュースサイトとして作成されたもので、その内容は当該放送時点のものが掲載されております。