みんなが大好きなバナナとチョコレートが危機!?

2017/02/06(月)22:00
日本人が大好きなバナナが壊滅の危機?日本国内のバナナの9割を占めるフィリピンで何が起きているのか?そんな中、岡山県で美味しい国産バナナを作る計画が進んでいた。また、世界的なチョコレート需要の増加から、2020年にカカオ不足になると言われている。インドネシアやメキシコでカカオ争奪戦が起こっていた。
<バナナが絶滅の危機!?>
フィリピン・ミンダナオ島。日本のバナナの9割はここから輸入しているという。そんなミンダナオ島でバナナ農家を取材すると、深刻な被害を受けていた。バナナの木が枯れたり、黒ずんだりする新型の伝染病が流行していたのだ。しかも、この病気は雨や人の靴を介してどんどん広がるという。ニッポンのバナナは大丈夫なのか?
<岡山県産“奇跡のバナナ”>
赤道付近の熱帯・亜熱帯地域でしか育たないバナナ。ところが岡山県で、露地でも栽培できる寒さに強い“奇跡のバナナ”を開発していた。しかも、その生育方法は常識では考えられない“氷河期の再現”だという。どういうことなのか?
<2020年にカカオ危機!?>
バナナだけではない。ある食品が「2020年に危機を迎える」と言われている。それはチョコレート。中国・インドなどの新興国の需要が伸び、カカオ豆の需要が供給に追いついていないのだ。さらにカカオ豆の値段が高騰、生産国のインドネシアやメキシコでは、カカオ農家の囲い込み合戦が起こっていた。日本のチョコ関連企業はどう立ち向かうのか?
続きを読む