最新!世界のお買いもの事情

2017/05/15(月)22:00
インターネットの普及で変わってきた“買い物事情”。店に行くのは面倒くさいし、時間もかけたくないという人が、増えてきた。ネット先進国アメリカでは、通販サイトの台頭により、スーパーやショッピングモールが激減している。ネットや他の店に、負けないため、いや勝つために、いま“ハイテク機器”を導入する店が増えている。
また、世間を随分と騒がせた“中国人の爆買い”。鳴りを潜めたと思ったら・・・、そんな事はなかった。中国人はまだまだ日本の製品を爆買いしていた。また今、中国で流行している日本でおなじみのアレを取材。
【中国人の爆買いはまだまだ続いていた!】
最近、繁華街で外国人の旅行者を見ても、大きな荷物を持っている人は少なく、手ぶらの人までいる。日本に来る目的が“消費”より“体験”になっているからだ。
日本の製品に興味がなくなったのかと思ったら・・・そうではなかった。
実は中国の人たち、地元中国からインターネットを経由して、多くの日本製品を買っているのだ。上海のあるお宅には、1日で日本製品がたくさん入った箱が5つも届いた。
実はこの裏には、日本製品を「安く、早く買える」からくりがあったのだ。
【中国で自動販売機が大流行!】
中国の駅や町で最近よく目にするのが・・・自動販売機。
特に、駅構内や改札近くに売店がない上海では、ここ数年爆発的に増えている。
元々、日本の自動販売機製造のトップメーカーが中国に進出し、徐々に増えていったのだが、いまでは、自動販売機を自分達で改良し、使い勝手のいいユニークなものを作るベンチャー企業が出てくるなど、面白い現象が起きている
続きを読む