大きく変わる がん治療最前線

2018/05/16(水)22:00
 日本人の二人に一人がかかる病 がん。そのがん治療が、今年4月から大きく変わった。ロボットを使った手術と放射線治療で、公的保険の適用が大幅に拡大されたのだ。これまで高額で、治療をあきらめていた人に光明が。また、アメリカで注目されている最新治療法も紹介。
【ロボットを使った手術が大幅安に】
 これまで、「前立腺がん」など二つのがんだけだったロボット支援手術の公的保険適用が、今年4月から、「胃がん」や「肺がん」にも適用されるようになった。「高額だから・・・」とそれまであきらめていた多くの人達が、4月以降ロボット支援手術をしている病院に殺到しているという。なぜこの段階で、保険適用になったのか?一体これまでといくらくらい、自己負担が減るのか、など詳しく解説。
【放射線治療も大幅安に!】
 値段が高く、「富裕層のための治療」と言われていた放射線治療の一部でも、4月から保険が適用された。従来のX線に比べ、がんの部位に強くあたり、効果が高いと言われる「重粒子線治療」の現場を取材。サッカー場ほどの大きさの施設がないと作れないと言われる「重粒子線」、その効果と、背後にある日本の成長戦略とは?
【世界が注目!「光免疫療法」とは?】
 アメリカで、治験をした15人のうち14人に効果があったと言われるがん治療法「光免疫療法」を取材。この治療法を開発したのは、なんと日本人。
開発した薬を飲み、体に害のないある光を当てれば、「がんが治る」というのだ。
まだ正式に世に出てはいないが、期待は大きいという。開発現場の様子などを取材。
続きを読む