牛肉ブームに異変!知られざる"牛肉大国"が日本上陸

2018/07/11(水)22:00
日本は今、空前の牛肉ブーム。その一方で、牛肉価格が高騰し大手牛丼チェーンも値上げ、その原因は、なんと中国の火鍋人気だった。そんな日本の危機を救うべく、知られざる南米の“牛肉大国”が動き出していた。さらに熟成肉ブームの次を狙う、ニュージーランドの「牧草牛」とは…

【熟成肉に異変…魔法のシートとは?】
いまだ続く熟成肉ブーム、その先駆けである「格之進」が新たな熟成肉の店をオープンした。その名も「格之進肉学校」。熟成肉を提供するだけでなく学ぶことができる。客が、肉に関するテストを受け、その結果に一喜一憂していた。その一方で、熟成肉には深刻な問題も…東京都が熟成肉を扱う11の事業者を調査したところ、2つの事業者から食中毒を引き起こす可能性のある菌が出たのだ。そんな中、肉に白い布を巻くだけで安全に熟成できるという“魔法のシート”が開発されていた。
 
【熟成肉ブームの次を狙う…“牧草牛”とは?】
熟成肉の次に来るのでは、と言われる牛肉がある。その名はグラスフェッドビーフ、牧草だけで育った赤身の牛肉だ。まだ日本ではほとんど流通していない。この牛肉を日本で広めたいという動きがニュージーランドで起こっていた。実はニュージーランドの牛肉の95%がグラスフェッドビーフだという。驚きの飼育方法を取材した。
 
【知られざる“牛肉大国”ウルグアイ…輸入解禁】
世界で最も牛肉を食べるのは意外な国…南米のウルグアイだ。なんと一人当たり1年間で56キロも食べるという。実は世界第7位の牛肉輸出大国でもあるのだが、2000年の口蹄疫の発生以来、日本への輸入は禁止されている。そんなウルグアイの牛肉を狙って、日本の食肉商社が動き出していた。実は、日本への輸入解禁が決まったのだ。いま中国の爆食で起こる世界牛肉争奪戦…ウルグアイは日本の救世主になるのか?
続きを読む