ニッポンの逆襲!築地市場がアジアに移転・・・? ヒット連発!限定版の新ブランド

2018/10/10(水)22:00
「ピンチ」を「チャンス」に変えようと、動き出したニッポンの取り組みを徹底取材!
その(1)東京・築地市場の世界初の試み。豊洲への移転を前に「アジアで最も日本食が好き」と言われるタイ・バンコクに日本の卸売市場がオープンした。連日満員の人気ぶり。日本近海で獲れた金目鯛やシマアジ、牡蠣、ウニなど新鮮な魚介類が、1日以内に築地からタイへと届く。どうやって鮮度を保ちながら運ぶのか?一部始終を追跡!
その(2)急成長中のベトナムでは、給料の半分を“オシャレ”に費やす女性も出現。2年前に「ZARA」、1年前には「H&M」、来年「ユニクロ」も初進出し、世界のファストファッション一大市場となる。そんな中、すでに大人気の日本ブランドがあった。日本人が知らないベトナム限定のブランドとは?ヒット商品を連発する裏側に迫った。
その(3)スペイン・バルセロナで、日本が担う一大プロジェクトに密着。世界的に有名なサッカーチーム「FCバルセロナ」のスタジアム改修だ。しかし10万人収容する欧州最大のスタジアムを試合を中断せずに作らなければならないという難題が課せられていた。
続きを読む