揺れる“天国にいちばん近い島”ニューカレドニア

2018/12/05(水)22:00
南太平洋の島国、フランス領ニューカレドニア。その抜けるような青い海と白い砂浜を一躍有名にしたのは、1984年公開の映画「天国にいちばん近い島」だ。あれから30年余り、日本とニューカレドニアの関係は、さらに深まっている。世界中から訪れる観光客のうち、実はオーストラリアに次いで多いのが日本人。さらに今注目を集めているのが、ニューカレドニア産の「天使の海老」だ。このエビの最大の輸出先は、日本なのだ。
この美しい島と日本との関係の始まりは、今から120年以上前にさかのぼる。世界的なニッケル産出国としても知られるニューカレドニアの鉱山労働者として、多くの日本人が移民となって働いていたのだ。しかし、太平洋戦争が勃発すると、家族は離散…。ニューカレドニアには、8000人以上の日系人が住むと言われている。

そんなニューカレドニアが今、大きく揺れていた。フランスからの独立を問う住民投票が11月に実施されることになり、独立を求める先住民カナク族と反独立派との間で対立が起きていた。過去には独立派が過激化してフランス憲兵と衝突、死者を出した事件も…。また、太平洋に影響力を拡大する中国の存在も、この独立問題を複雑化させていた。
揺れる太平洋の楽園、ニューカレドニアの知られざる「今」を伝える。
続きを読む