地方発 奇跡のコーヒー店 理想のコーヒーを追求する親子の感動物語

2019/01/17(木)22:00
茨城県に大人気のコーヒー店がある。その名は「サザコーヒー」。地方の喫茶店ながら、南米コロンビアに自社農園を持ちコーヒー豆を栽培、その一方で日本トップクラスのバリスタを育て上げる「本物志向」で、業界から注目を集めている。50年前、会長の鈴木誉志男が始めた家族経営の小さな喫茶店が今や茨城県内に10店舗、近年東京にも進出し話題になっている。茨城で愛されるコーヒー店の味は、東京でも通用するのか?

地方の小さな喫茶店なのに“超本物志向”
日本全国からバリスタが腕前を競う大会で、ベスト5に同じ店から3人がランクインした。その店こそ「サザコーヒー」。本店は茨城・ひたちなか市にあるのだが、店内は常に満席状態。人気の秘密は自家焙煎しているコーヒーだが、なんと南米コロンビアに自社農園まで買って豆にこだわっている。50年前、会長の鈴木誉志男が家族経営で始めた茨城の喫茶店が今、地元にとどまらず東京へ進出、去年夏には東京・丸の内KITTEにも出店した。陣頭指揮を執るのは、息子の太郎だ。茨城で愛される味は、東京で通用するのか?

“理想のコーヒー”を追い求める親子の感動物語
映画館一家の息子として生まれた会長の鈴木誉志男は20代の頃、映画の興行プロデューサーだった。しかし、1970年代に入ると映画が斜陽産業に…。そこで始めたのが「サザコーヒー」だった。地元のイベントに参加しては、コーヒーを無料で配る「タダコーヒー戦略」で、地元の人の心を掴むことに成功すると、誉志男の“コーヒー熱”は加速する。年商の2倍近くもする高級焙煎機を購入したり、南米コロンビアに自社農園を買ってしまったり、地方のコーヒー店とは思えないこだわりぶり。一方、サザコーヒーを継ぐ気はなかった息子の太郎も、いつのまにか父がつくったコーヒーの味を茨城以外にも広めようと、バリスタコンテストに参加したり、東京進出を指揮したりと、次々新しい風を吹き込む。地元に愛される店を作った父・誉志男と、外に打って出る息子・太郎。2人が手を取りあい、サザを大手に負けない強いコーヒー店へと成長させた。

地元経済にも貢献するサザ
サザでは、ケーキも大人気だ。秘密は、地元・茨城の食材にこだわって使っているから。タルトケーキには、リンゴの名産地・大子町のものを使い、モンブランには地元・岩間の栗を使用。食材だけでなく、コーヒーカップも、地元の伝統工芸品「笠間焼」を使っている。しかも、サザのトイレには笠間焼の洗面台まで備え付けた。地元の良いものを積極的に使うことで、地方都市の文化を外に発信したいと考えている。
続きを読む