2人合わせて164歳!洋食にかける男達の飽くなき挑戦

2019/06/13(木)22:00
東京・麻布の裏通りに、常連客に愛される洋食屋「グリル満天星」がある。オムレツライスやハンバーグ、ロールキャベツ等、どのメニューも客から絶賛の声が上がる。人気の理由は、「ここまでやるか!?」とばかりに、手間暇かけて調理する日本人向けの洋食の数々。自慢のデミグラスソースは1週間もかけて仕込む。「日本人の舌に合う洋食を作ろう」と41年前に誓い合ったのが、元ホテルマンで現社長の三宅と、フレンチ出身で総料理長の窪田。
2人の合計年齢は164歳。洋食にかける男たちの、飽くなき挑戦の歴史を取材した。

《手間暇かけて、極上の洋食を!》
都内に8店舗を展開する「グリル満天星」。丸ビル内にある店では、客の約半数がオムレツライスを注文するという。人気の理由は、手間を惜しまない調理にある。8種類もの具材を混ぜ、2日間掛けて仕込む西洋風炊き込みご飯をフワフワの卵で包み、そこに1週間かけて作る自家製デミグラソースを合わせる、といった具合。他にも食材選びや、日本人の舌に合う、きめ細やかな調理も行う。さらに羽田空港の国際線ターミナルにある店では、外国人も好むメニュー開発にも取り組むなど、常に新たな試みを展開し続けている。78歳の社長・三宅と、86歳の総料理長窪田の、老いてもなお果敢に攻め続ける気概に迫る。

《フレンチの達人と元ホテルマン三宅の最強タッグ》
社長の三宅尚典は幼少の頃、母親が作る料理が大好きだったという。家業はそんな母が料理を作る給食ビジネス。三宅は慶応大学卒業後、家業を継がずパレスホテルに就職。そこで、本格フレンチに出会い、「いつか自分の洋食店を持ちたい」と思うように。一方、総料理長の窪田は中学卒業後、毎日新聞社に入社。食堂で給食作りに励む。その後、宮内庁御用達の丸の内会館に移り、料理人として頭角を現す。そんな二人が出会い、本格的な洋食屋さんを始めることに。日本で唯一無二の洋食店を作ろうと誓った三宅と窪田のヒストリー。

《カラダに優しい洋食を目指す!》
窪田が腕をふるう独自のヘルシー料理は、フランス料理の伝統的な手法をベースにしながら、野菜をふんだんに用いたり、ソースにもコンソメを使うことで濃厚な風味を落とすことなく、新たな客の取り込みに成功。2年前からは、糖質制限食(ロカボ)への取り組みも行なっている。美味しくてヘルシーという、新たな洋食の提案にも取り組む。
続きを読む