社員食堂から刑務所まで 食の総合商社の現場力

2019/06/27(木)22:00
全国の社員食堂をはじめ、病院や介護施設、さらに大学の学食など約3900の事業所で、給食事業を展開する「エームサービス」。その食事は、「美味しくて、ヘルシー」と高い評価を得ている。創業は1976年で、社員食堂の売り上げは業界一。エームサービスは、広島・マツダスタジアムのフードコートの運営や、刑務所の受刑者に調理師指導をするなど、幅広い事業を手掛けている。2020年の東京五輪では、選手村でアスリートたちに食の提供を行うことも決まった。
クライアントの細やかなニーズに一つ一つ対応する徹底した現場力に迫る!

■ 全国3900カ所!いまどきの社員食堂
エームサービスは全国3900の事業所で食事を提供しているが、各クライアントの要望に応えたメニュー開発に取り組む。エンタメ企業・バンダイナムコの社員食堂では、「社員を楽しませたい」というクライアントの意向に沿い、特別メニューを充実させている。この日は、根室産の花咲ガニを使った日替わりのスペシャルラーメンに社員たちは大満足。日本たばこ産業(JT)の社員食堂では、定期的に食のイベントを開催したり、夜には社食が居酒屋に変貌したりと、クライアントの要望にトコトン応えていく。岩手県で新規にオープンする工場の社食は、地産地消のメニュー開発を依頼された。地元での食材集めをはじめとした、エームサービスの現場力を取材した。

■ 給食事業以外にも幅広い事業を!
1976年、三井物産の社員食堂からスタートしたエームサービス。今や社食だけでなく、学食や病院食など、食の総合商社としてビジネスを拡大させている。三井物産出身で、現社長の山村は、給食事業の枠にとらわれず、新たな事業を手掛けてきた。広島のマツダスタジアムを“食のテーマパーク”に生まれ変わらせたり、刑務所内では、受刑者に対し調理師になるための職業訓練も行う。エームサービスの訓練を受けた受刑者は調理師免許試験で100%の合格率。塀の中の知られざる世界に潜入した。

■ アスリートを食で支えろ
東京五輪2020の選手村では、開催期間中、選手やスタッフに140万食を提供する予定となっている。それを手がけるのもエームサービス。エームサービスは長年、アスリートたちを食で支えて来た。フィギアスケートで注目を集める坂本花織選手をはじめ、一流アスリート達の栄養指導を行うスポーツ栄養士に密着した。
続きを読む