迷ったら茨の道を行け!激安オーダースーツで業界に風穴

2019/10/17(木)22:00
■激安オーダースーツで業界に風穴 
低迷する紳士服業界に風穴を開けた企業が、オーダースーツSADAだ。“安いのに着心地が良い”と、ビジネスマンたちの支持を得ている。客の好みを聞きながら、全身約20か所を採寸、高級テーラー並みに体にフィットしたスーツを仕立ててくれるのだが、19800円からという破格の値段。自社工場で設計や裁断を自動化、コストを削減しているからできるという。しかし、その歴史はまさに「茨の道」だった。「迷ったら茨の道を行け」どん底からの逆転経営に迫る。

『プロのアスリートや営業マンも頼りにするスーツ』
SADAのオーダースーツを着用し業績がアップしたという会社も…。ある高級車の販売店では、営業マンたちがそろって着ていた。「安心して車を買える」とお客さんの反応も上々だという。またSADAのオーダースーツが欠かせないというのがプロのアスリートたち。プロ野球の千葉ロッテマリーンズやサッカーJリーグの名古屋グランパスなど15のチームにスーツを提供しているのだ。SADAは、いまや全国に53店舗を展開、売り上げ37億円、急成長を続けている。

『迷ったら茨の道を行け』
業績好調のオーダースーツSADAだが、その歴史は「茨の道」だった。戦後、オーダースーツの下請け工場として
成長してきたが、バブルがやってくるとスーツブームに便乗して急成長、中国に工場を建設するほど拡大。しかし、2000年に大口顧客だった百貨店のそごうが経営破綻すると、赤字に転落する。当時、東レに勤めていた展隆が呼び戻されると、会社はとんでもないことになっていた。借金25億円、親子の確執…終わらない「茨の道」の始まりだった。
続きを読む