シリーズ企画「大失敗社長の逆転劇 第2弾」 低迷から大復活!新生・ケンタッキーの舞台裏

2020/02/13(木)22:00
創業者のカーネル・サンダースが生み出した「唯一無二のフライドチキン」を武器に50年前、日本に進出した「ケンタッキー フライド チキン」。若い世代を中心に人気を博し、いまや国内1100店舗に店舗数を拡大している。実は、この世界的ブランド「ケンタッキー」が、ここ数年、苦戦を強いられてきたという。理由は、「コンビニ」や「からあげ専門店」などが台頭する“チキン戦争”にあった。そんな厳しい状況を打破した人物こそ、2014年に日本のケンタッキーのトップに就任した近藤正樹だ。実は近藤、様々な改革を打ち出し、既存店の「売上高」と「客数」を10%近く伸ばしたという。近藤は、いかにして人気ブランドを復活させたのか、その挑戦を追った!

<知っているようで知らない!ケンタッキーの新戦略>
去年11月にオープンした南町田のケンタッキー。実はこの店・・・「フライドチキン」はもちろん、約50種類の料理全てが好きなだけ食べられる、関東初の食べ放題の店。オープン前から200人以上が詰めかける盛況ぶりだ。実は、みんながよく知る「ケンタッキー」が、いま続々と新しい店を生み出している。例えば、チキンに合うビールが楽しめる「バル形式の店」や、全国でも数カ所でしか味わえない「限定の丼メニュー」を提供する店など、、、人知れず進化を遂げているのだ。そして同時に、これまでのケンタッキーの常識を覆す新たな戦略も打ち出している。そのキーワードこそ、、、「日常使い」。クリスマスなどの「ハレの日」に多く利用されてきたケンタッキーを社長の近藤は「普段使いしてもらう店」に変えようとしているという。「500円ランチ」や「持ち帰り専門店」など新戦略を打ち出し続ける、新生・ケンタッキーの挑戦を取材した!

<きっかけは・・・ハンバーグ!?組織崩壊の危機から…「原点回帰」で復活!>
“チキン戦争”のあおりを受けて、業績が低迷していたケンタッキー。そんな中、トップに就任した近藤は、新規客を増やすための策を打ち出す!それが「チキン以外の新商品」戦略だった。しかし、順調だったのは最初だけ。次第に売れなくなり、近藤肝いりの新商品戦略は結局、失敗に終わってしまう。しかも、相次ぐ新商品の投入で社内はバラバラとなり、最終的には、現場と本部の間で“責任のなすり合い”が始まったという。そんな組織崩壊の危機を、近藤はどう乗り越え、現在の業績好調に導いたのか…。その秘密こそ、近藤が打ち出した「原点回帰」の決断にあったという。方向性を見失った組織をいかにして復活させたのか?赤裸々な証言と共に当時のケンタッキーを徹底解剖。挑戦を続ける新生・ケンタッキーの再生ドキュメントに迫る!
続きを読む