3時のおやつはカステラだけじゃない!老舗・文明堂 お婿さん社長の奮闘記

2021/01/21(木)22:00
『カステラ一番、電話は二番、三時のおやつは文明堂』のCMで知られる文明堂。1900年創業の老舗で、昔から愛されるカステラをはじめ、どら焼きやバームクーヘン等、商品のラインナップも拡充している。菓子業界は、バブル以降の中元・歳暮などの贈答品需要が減少し、コロナ禍による外出自粛やリモートワークの推進などにより手土産需要が減少、打撃を受けている。そんな中、文明堂が数年前から進めてきた取り組みが、お家時間の需要とマッチし人気を集めているという。老舗企業4代目、婿社長の前例にとらわれない挑戦に迫る。

■《工場直売店からカフェまで!文明堂の新たな挑戦》
コロナ禍でお家時間を充実させるため、今、おやつ需要が高まっているという。その流れを受け、埼玉のある菓子店で新商品を作ったところ、一気に人気となった。それが「3時のおやつあんぱん」。イースト菌を使わずにふっくらと焼き上げ、中には北海道産の小豆がぎっしり入った逸品だ。この菓子店、運営するのは、「カステラ一番、電話は二番~」のCMで知られる文明堂だ。長崎で創業した文明堂は、120年の歴史を持つ「カステラ」店の老舗。今も昔ながらの手作業による製法にこだわっている。その老舗を引っ張るのが4代目社長の宮崎。バブル崩壊とリーマンショック等の影響で、中元・歳暮などの贈り物需要が減少している中、宮崎は個人ユースの家需要を開拓すべく商品開発を行ってきた。例えば、定番のカステラは、2切れ入りの小分けにして値段も低く抑えたり、どら焼きやバームクーヘン等の商品も個別包装して、自宅用にアレンジ。さらに、宮崎は老舗・文明堂のブランドイメージをアップさせるために、日本橋でカフェも始めた。ハヤシライスやパスタ等、昔ながらの洋食を提供するが、もちろんスイーツも充実。フレンチトーストならぬ「フレンチカステラ」や「ティラミスカステラ」などカステラを進化させたメニュー開発にも余念がない。カステラだけじゃない、新たな価値観を見出す文明堂4代目社長の奮闘に密着。

■《30歳で突如社長に!4代目娘婿社長の奮闘》
1900年に長崎で誕生した文明堂。その後東京に進出し、日本初の百貨店での実演販売をはじめ人々の注目を集めてきた。その後の暖簾分けにより全国に分社化した文明堂はそれぞれ別の歴史を歩んできた。しかし、この暖簾分けは後に、同じ百貨店に出店した際に客を取り合うという歪な構造を作り出した。また、店舗ごとに異なるレシピで作っていたことで「味が違う」等のクレームが増え、売り上げ低迷につながるなど弊害を生むことに。この状況を打破したのが現社長の宮﨑。宮﨑は三菱電機で営業として働いていた際、結婚を決めた女性から「父が文明堂の社長である」と告げられる。将来的に文明堂に入る気は無いことを伝え入籍するも、その後、突然義父が病に倒れたことで文明堂への入社を決意。すると思わぬことに入社早々いきなり社長就任を告げられる。さらに待っていたのは東京の店を統合するという一大プロジェクトだった。

■《バランス栄養食 アスリート向けカステラを》
文明堂の次なるターゲット。それは、アスリートやスポーツをするサラリーマン。栄養分が豊富で高たんぱく、卵に含まれる「必須アミノ酸」を効率的に摂れるなど、カステラの「栄養食」としての特徴に目をつけ、運動中の補食向けの新商品として売り出そうというのだ。そのために文明堂は筑波大学との共同研究を行っている。
続きを読む