新たな食品流通を創る”1坪ショップ”の仕掛け人

2013/12/05(木)22:00
駅構内でよく見かける、1坪ほどのスイーツ売り場。そこで大ブレークした地方グルメの先駆けが、広島・八天堂の“冷やして食べるクリームパン”だ。2009年に東京に進出し大ヒット、売り上げは4年間で10倍近くに増えている。
陰の立役者が、販売を担った「株式会社 生産者直売のれん会」。設立7年目の新興企業だが業績は右肩上がり。年間売上高30億円を超えるまでに成長している。
「良いものを作りながら販路がない」「大手との価格競争に巻き込まれている」――。そんな状況に苦しむ中小食品メーカー100社を「のれん会」は組織化。地方の逸品を発掘して全国に販売している。
黒川健太社長(38歳)が目指すのは、“価格競争”から“価値競争”への転換。新たな食品流通ビジネスを確立しようとする「のれん会」の取り組みを追う。
<1坪ショップで儲かる極意>
「のれん会」は店づくりから販売までを、会員の食品メーカーに成り代わり手掛ける。扱う食料品は、全国的には無名だが地元では人気の逸品。店舗の多くは1坪程度の狭さだが、クリームパンを1日3000個売る店もある。そこにはのれん会ならではの儲かる仕組みがあった。
<倒産危機から復活! “絶品クリームパン物語”>
広島の老舗パンメーカー「八天堂」は2001年、赤字に転落。起死回生を図ろうと生み出したのが「冷やして食べるクリームパン」だった。従来のクリームパンとは全く異なる味と食感に黒川は可能性を見いだし、東京での販売を決意する。
しかし当時「のれん会」は知名度も実績も資金もなく、駅ナカなどの好立地は得られなかった。どのようにして「クリームパン」を大ヒットに育て上げたのか?
<中小企業同士を結び新たなヒット商品をつくれ>
「のれん会」の会員メーカー100社は、それぞれ異なる得意分野や技術を持つ。黒川らはそれらを結び付け、新たな商品を開発しようという取り組みを進めている。
続きを読む