高齢者医療に革命を!挑戦する歯科医療業界の異端児

2014/11/20(木)22:00
虫歯の時などにお世話になる歯科医院。いまや全国6万8000カ所、コンビニより約1万4000カ所も多くあるという。 その背景にあるのが歯科医師の急増だ。歯科医師の数は、いまや国内で10万人超。ニッポンの歯科医療界は、まさに“過当競争時代”に突入している。しかし、その一方で、歯科医療を受けられない人も増え続けている。 歯科医院に通院するのが困難な体の不自由な高齢者の数は、250万人以上とも試算されているという。 「医療が必要なのに十分な医療が受けられない」その現状に目を向け、立ち上がった男がデンタルサポートの寒竹だ。 寒竹は、歯科医院の経営から転身し、「歯科医師」と「高齢者」の双方の問題を解消する画期的な訪問歯科の仕組みを作り上げた。それがデンタルサポートの始めた、歯科医と患者のマッチング。診療スケジュール、機材、移動などの管理、さらには診療支援など、訪問歯科診療に関するバックヤードの全てを担う独自のシステムだ。 開業歯科医の経験を持つ寒竹を筆頭に、超高齢社会に立ち向かうデンタルサポートの挑戦に迫る。
続きを読む