世界が注目する和牛王 不屈経営術の全貌!

2015/02/12(木)22:30
業界を揺るがした輸入牛肉の自由化や大洪水の被害…そんな逆境を乗り越え、世界から注文が殺到する“和牛”を育てる男がいる。 鹿児島県薩摩川内市で和牛の大規模肥育を営む野﨑喜久雄、65歳だ。 もともと地方の小さな牛の肥育農家だった野﨑は、これまで数々の逆境に見舞われてきた。だが、そんなピンチの中でも1次産業にこだわり、その都度、打開策を打ち出して成長を実現させてきた。驚くべきことに、野﨑の経営する農業生産法人で育てた牛は、肥育期間が通常よりも約3ヵ月短く、病気になる数も大幅に少ないという。そして、国内の牛肉コンクールでは数々の賞を受賞してきた。 なぜ、野﨑は、同業者がうらやむ牛を育てることができるのか?そして、苦難にさらされながらも1次産業にこだわってきたのか? 世界が注目する和牛王「野﨑」の不屈の経営術と、野﨑が生み出した独自すぎる牛の育て方を徹底取材した。
続きを読む