ジパング特別編 巨大中国と戦う“民主の女神”

2017/10/22(日)18:24
今年、イギリスから中国へと返還され20年を経た香港。共産党一党独裁の中国にあって、返還から50年間は高度な自治が認められ、法律や経済、そして言論の自由が約束されていたはずだった・・・
しかし今、中国政府による香港の言論や表現の自由に対する圧力が急激に強まっている。
中国に立ち向かうのが、周庭(アグネス・チョウ)20歳。日本のアニメや音楽が大好きで、独学で日本語を習得した彼女は15歳の時、「香港の未来を香港市民の意志で決めたい」と中国政府が認めない民主的な普通選挙の実施を求め活動を始めた。2014年、世界が注目した香港の民主化デモ「雨傘運動」ではリーダーの一人として“民主の女神”と呼ばれた。仲間たちは10代~20代の若者で、民主主義と自由を守るためいまも中国政府と戦い続けている。世界でも「未来世紀ジパング」のカメラだけが追ってきた17歳からの3年間の軌跡。秘蔵映像と最新のインタビューで日本と世界へメッセージを届ける。
続きを読む

今日のラインアップ