便利で快適!買い物革命

2017/09/26(火)22:00
兵庫県神戸市の「イオンスタイルumie」は、イオン最大級の食品フロアを持ち、新しい“食”のスタイルを提案する店舗となっている。イートインスペースでイオンは自ら外食店を展開している。一番人気は自社の牧場で育てた牛を使ったステーキ店「ガブリングステーキ」。仕掛け人は店長の中田博紀さん。中田さんは、この商業施設には広域から様々な客が来るが、その割に手頃な飲食店が少ないと分析。その結果、自ら外食店をつくったが、これが店に思わぬ効果を生み出していた…。
ユニクロの弟分のファッションブランド「GU」。「990円ジーンズ」や「ガウチョ」「スカンツ」といったトレンドを掴んだヒット商品を、より安い価格で提供することによって急成長を遂げてきたが、それにブレーキがかかっていた。ジーユーが新たな勝負に出る。横浜のショッピングモール内に既存大型店の1.5倍、およそ800坪もの超大型店舗をオープン、品揃えもおよそ2倍へと増やす。目指すのは、買い物の楽しさを追求した売り場。店を任せられたのは、ジーユー新卒入社1期生、礒野莉衣店長。果たして彼女は社運のかかった店舗を無事オープンさせられるのか。
全国で約350店舗を展開するメガネチェーン・メガネスーパーは、低価格帯眼鏡などのライバルの存在が強くなるなか、高い技術力と丁寧なサービスを武器に、あえて高価格帯眼鏡を販売する戦略をとる。かつてメガネスーパーは、低価格路線へと走った時期があったが、赤字に転落。経営再建の中で、中高年への眼鏡販売の強化を図ってきた。現在、力を入れているのが「眼鏡の出張訪問サービス」だ。老人ホームや病院など、なかなか店舗まで足を運べない人のために、24時間365日、要望があれば全国どこでも駆けつけるという。
続きを読む