冬のリゾート集客作戦!

2018/01/23(火)22:00
冬のリゾートといえば、スキー・スノーボードに温泉。しかし、スキー・スノボ人口は99年の1800万人をピークに、現在はその3分の1にまで落ち込んでいる。このままではダメだ…と、“新たなリゾート”を作ろうと奮闘する、雪国の熱い冬を追った!
■9年ぶりに冬のリゾート復活!? 星野リゾート(青森県・十和田市)
 青森県・十和田市の奥入瀬渓流沿いにある「星野リゾート奥入瀬渓流ホテル」。八幡平国立公園の年間客数は200万人にも及ぶが、冬場(12〜3月)はそのうちの1割ほどで、ホテルも冬場は利益が出ないため休業していた。しかし、今冬9年ぶりに冬季営業を再開する。その目玉は、奥入瀬渓流沿いに点在する滝が凍った「氷瀑」だ。更にホテル内にも人工で氷瀑を作り、日本初の「氷瀑露天風呂」も仕掛ける。周辺も動き出し、十和田市は氷瀑ライトアップツアーを実施する。積年の課題であった、極寒の地の“冬の集客”。果たして、突破口を開くことができるのか?
■あの黄金時代をもう一度!雪国観光圏(新潟県・湯沢町)
 新潟県湯沢町。人口8000人の小さな町に苗場・GARA湯沢など12ものスキー場を抱え、13個もの観光協会がある。スキー最盛期の1980年代~90年代には多くの若者が訪れ、リフト1時間待ちは当たり前、リゾートマンションも乱立した。しかし、現在スキー観光客数は当時の3分の1…。そんな越後湯沢駅前に事務所を構える「雪国観光圏」。湯沢町に隣接する7市町村と手を組み、“雪国ならでは”の文化を観光商品にしようと動いて来た。もうスキーに頼らない…“勝負の冬”に賭ける人々を追う。
続きを読む