~シリーズ 激烈!航空戦争 後編~ ANA ハワイ進撃

2019/06/11(火)22:00
「激烈!航空戦争」シリーズの後編。今や日本最大のエアラインとなったANA。しかしそのANAが未だにJALの後塵を拝しているのが「ハワイ路線」だ。座席数のシェアでは、JAL約33%に対してANAは約15%。大きく水をあけられている。JALの牙城に挑む切り札が世界最大の航空機、A380だ。日本のエアラインとしてANAが初めて導入。「ハワイの覇権」を一気に奪う作戦だ。だが、JALはハワイで長年に渡りホテルなどと強固な関係を築き、消費者からの信頼も厚い。新鋭機でANAは新たなハワイの旅を提案できるのか?ハワイ進撃作戦を独占取材した。

カウチシート、完全個室…独占取材!最新鋭機「空飛ぶウミガメ」
 ANAがハワイ路線に投入する世界最大の旅客機、A380。「空飛ぶウミガメ」のニックネームで、機体は親しみやすい「ウミガメ」特別塗装だ。3クラス制の520人乗り。機内も“日本初”の試みが満載だ。エコノミー席の一部に設けた「カウチシート」。3列席、4列席を一つのベッドのように組み替えられる。子供を横に寝かせられ、ファミリー層をターゲットにした。もう一つの目玉は「ファーストクラス」、日本初の完全個室を実現した。今までにない機体はJAL派の客を取り込めるか?利用者の「ハワイ旅行」に密着もする。

「世界一の朝食」とコラボ…絶品の機内食でもてなせるか?
新たな機内食作りにも着手。白羽の矢を立てたのは「bills」。billsはビル・グレンジャーが1993年にシドニーに出店したカジュアルレストラン。世界のセレブも虜にし、「世界一の朝食」と称される。人気メニューはスクランブルエッグ、パンケーキ、スニッツェルと数多い。billsとのコラボでエコノミーの機内食としては破格のクオリティを実現する狙い。だが・・・絶品料理を機内食で再現するには、思わぬ困難が。

JALの牙城を切り崩す!ワイキキ観光攻略…驚きの秘策とは!?
 ハワイでのツアー商品を開発する、ANAセールス。520人乗りの大型機を満員にするにはリピーター獲得が必須だ。しかし「ハワイに強い」JALが立ちはだかる。“オーシャンビュー”など観光客に人気の部屋は既に抑えられていた。新型機導入に合わせ、ANAセールスは“前代未聞の策”に打って出る。
続きを読む