シリーズ 「人生が変わる働き方」(3)壮快!ヘアサロン逆転物語

2019/07/09(火)22:00
人生が変わる働き方第3弾は、コンビニより数が多いと言われる「ヘアサロン」。昨年、
廃業した数は過去最多、美容室はいま、サバイバル状態に置かれている。かつては失業や定年とは無縁の安定したイメージだった理容室も、「1000円カット」の台頭で厳しい競争にさらされている。このまま座して死を待つか?それとも新しい武器で闘うか。「ハサミ一本」ではなく「二刀流」で?ヘアサロンが新たな「価値」を生み出す場所に生まれ変わる!人生を変える、チャレンジに打って出た人々を追う。

二刀流!「ローカル美容室」 絶品イタリアン×美容室で大逆転!
 愛知県春日井市を中心とした美容室グループ「ブランシェ」。8年前にオープンしたイタリアンレストランは、平日でも仕事帰りの会社員や地元の人で満席になる。看板メニューは焼き立てのナポリピッツァ。ワインの種類も豊富だ。そして、最大の特徴は接客にある。実はブランシェは、社員である美容師がホールに立つ。美容師ならではの接客力で、美容室とレストランに相互送客の仕組みができていた。ブランシェはこの成功例をもとに、イタリアンレストランの全国展開に乗り出す。目標は2021年に250店舗の展開。このフランチャイズ化に東京の美容室グループ「グルグル」が賛同。独立以来、オーナーの右腕として美容室の拡大を支えてきたベテラン美容師に、レストランを任せることを決断。美容室の生き残りをかけ、「ハサミとフライパンの二刀流」で飲食市場へ攻め込む。

おじさんを“ダンディーにかっこ良く! ヘアサロンが「男の秘密基地」に! 
 大阪市にある理容室「DEAR BARBER」。ここは理容室でありながら、セミオーダーのジャケットやスーツ、コートを注文することが出来る。この二刀流を考えたのは、「DEAR BARBER」を運営する「ディービーキューピー.カンパニー」COOの川村弘樹(38)さん。以前はチェーン店の理容室に勤めていたが、髪型だけでなく男性をトータルコーディネートできる店を構えたいと新たなサービスに乗り出した。さらに従業員の手取りや待遇を改善にもつながると考えたのだ。6月、大阪・北浜に新しく出店。理容室が集中するビジネス街で新たに集客することはできるのか。
続きを読む