マネーの魔力4 〜詐欺被害を撲滅!〜

2020/03/31(火)22:00
いつの世もお金をだまし取る標的にされるのは、弱者である高齢者。そして、その老後資金。この10年の特殊詐欺による被害は、3700億円にも及び日本経済の大きな損失となっている。「人生100年時代」と言われ老後資金を少しでも増やそうと投資に乗り出す人も多い。そうした「将来の不安」を食い物にする “新手の投資詐欺”が横行、その驚くべき実態に迫った。そして、詐欺(振り込め詐欺)撲滅を目指し、犯罪集団に立ち向かう人々も。最新のIT・AI技術を武器に、封じ込め作戦が始まる。その先頭に立ったのは、「大事なカネ」をだまし取られ、生きる気力を失った高齢者を見てきた、一人の主婦だった。

「老後のお金」を預けたのに…老舗高級ホテルで起きた金銭トラブル」
駿河湾に浮かぶ、無人島に建てられた高級会員制リゾートホテル。ここはこれまで、『淡島ホテル』と呼ばれ、1991年に会員制の高級宿泊施設として開業。フランスのシラク大統領も宿泊した格式高いホテルだ。実は、10年以上から新規事業のためとうたい、年1〜5%の金利で「金銭消費貸借契約」、つまり“借り入れ”を行い、さらにホテルの無料利用権をつけた形で、多額の資金を集めていた。ところが昨年12月、多額の金を集めていた運営母体である株式会社淡島ホテルが、集客の伸び悩みなどの影響で事業が悪化、破産申請をした。現在は、別の運営会社がホテル事業を継承し、ホテル名も変更されている。
その一方で、かつての「淡島ホテル」というブランドを信用し、お金を預けた人たちの中には、お金を取り戻せていない人が多くいる。負債総額は約400億円で、債権者数は約2000人に上る見込みだという。預けた金は一体どこに消えたのか?旧運営会社の中で何が起きていたのか?関係者を取材すると…。

「詐欺集団を駆逐する!主婦が考案した日本初の撃退作戦」
「高齢者の被害を無くしたい。」犯人の声に注目し、特殊詐欺対策に乗り出した人がいる。高良悦子さん44歳。かつて介護ヘルパーをしていた時、高齢者の被害の多さに驚いた。そこで思いついたのが、スマホアプリ開発。声には人それぞれ指紋と同じような「声紋」と呼ばれる固有の特徴がある。ベンチャー企業を運営する夫からアドバイスをもらい、「かけ子」という電話をかけてくる詐欺犯の声紋をデータベース化し共有することに取り組んでいる。つまり独自の「声の指名手配リスト」を作成し、「騙されない人達の情報で騙されやすい人を守る」というのだ。だが、アプリの製作、スマホにソフトを導入してもらう啓蒙活動など、高いハードルが次々に。「社会を良くしたい」一主婦のひらめきは、詐欺集団を駆逐する一助になるのか?
続きを読む