今なら 会社買うでしょ!~コロナで急増する個人M&A~

2020/09/22(火)22:00
今、会社を買う人が急増中。「会社が会社を買う」のはよく聞くが、いま「個人で会社を買う」=個人M&Aをするケースが増えているのだという。売る側の主な理由は、「経営難」に加え、「高齢化」や「コロナ」など。買う方は、「一からやるより楽だから」「夢を叶えるため」「副業として」など様々。「この店がこんな値段で買えるのか」など、そこには様々な驚きが。ガイアでは、会社を買った4人の新米経営者たちに密着。この4人を通して、経営をする楽しさと難しさ、そしてコロナの影響などを取材した。

2児の母 元看護師が ウエディングドレス店を買収!
4歳と1歳の子供を持つ母親が、東京・青山にあるウエディングドレス店を買った。
以前は看護師をしていたが、子供との時間が取れないのと、アパレル関係の仕事をしたいという強い思いがそこにはあった。
新たな仕事を見つけるのに、彼女がとった手段は、個人が会社や店を買う事が出来るマッチングサイト。実は今、このような個人M&Aを専門にするサイトが数多く出てきているのだ。
一から始めるのではなく、事業を引き継ぐという点では楽かもしれないが、短い引き継ぎ期間で、全てを覚えなくてはならない。何と言っても彼女は、この業界ではずぶの素人だから。
強い思いはあるが、それだけでうまくいくわけではない…。

お値段580万円 フリーターが買ったのは、タピオカ&クレープ店!
アルバイト先で知り合った20代のカップルが、去年12月、総額580万円でショッピングセンターの中に入る「タピオカ&クレープ店」を買った。
サイトで見つける際の条件は、地元大阪の店である事。
色々さがした結果、辿り着いたのが「タピオカ&クレープ店」だった。
学生を中心に客はついていたが、前オーナーの時代から経営は「赤字」。
アルバイトを多く雇わず、自分たち自らが店に立てば、それは克服できると考えていた。
しかし、彼らの前に大きく立ちはだかったのが、新型コロナウイルス。
二人の未来に向かった計画は、大きく崩れていく。
何を新たに始め、何をしないか・・・。二人の新米経営者がとった方策は?

子どもの頃の夢を叶えるため…元旅行代理店のサラリーマンは塾を買った!                    
「夢はいつ諦めるべきか・・・」。
子どものころ抱いていた夢が叶う人は、そうそういない。
皆大人になると、現実をみて、仕事について行く。
旅行代理店に勤めていた40代の男性は、小さなころから抱いていた「教師になりたい」という夢を諦めずに、今回神奈川県にある小さな塾を買った。
10人の生徒をそのまま引き継いだが、生徒数を倍にしたいと考えていた。
夢を叶えるための熱意は、並々ならぬモノだった。
続きを読む