ワクチン・治療薬の最前線~独占取材!新型コロナ“制圧の闘い”~

2020/12/15(火)22:00
新型コロナウイルスは、果たして制圧できるのか?本命は「ワクチン・治療薬」の開発だ。最前線にガイアのカメラが入った。アメリカ、中国、欧州…し烈を極める開発競争。その裏でうごめく“大国の思惑”…。そして世界の開発競争から、周回遅れと指摘される日本でも“極秘のプロジェクト”が動き出していた。「新型コロナ制圧」に挑む日本企業の闘い。半年以上に渡る独自取材を報告する。

【塩野義製薬:国産ワクチン・治療薬開発 最前線を独占取材!】
日本でワクチン・治療薬開発をスタートしている製薬会社、塩野義製薬。「感染症」を得意分野にする、明治時代創業の老舗製薬会社だ。独自路線でインフルエンザやHIVなどの感染症薬など多く製造してきた。通常3年以上かかるとされるワクチン開発を、「1年程度」の異例の超短期間で進める。年内の「臨床試験入り」を目指す。いま知りたい「国産ワクチン」の現状を独占取材で伝える。さらに、塩野義が同時並行で進めるのが「治療薬」の開発だ。塩野義は過去最大規模のチームを立ち上げ、研究開発に臨んできた。リーダーは研究畑一筋・奥野隆行さん。外部には見せない「創薬の最前線」を密着取材した。新型コロナを制圧する「候補物質」の選定し、効力の検証の繰り返し…気が遠くなるような「ミクロの闘い」があった。通常10年かかる「感染症の治療薬」。新型コロナを制圧するカギは見つかるのか?

【知られざる世界の“ワクチン開発競争”…大国の覇権争いも!】
日本よりも開発のスピードが早い、アメリカ・中国・欧州。ワクチン・治療薬作りで先行する製薬会社を、欧州・中国で独自取材。人海戦術で早期に開発に着手、株式公開でマネーを呼び寄せる中国製薬ベンチャーや、日本への売り込みに興味を示す仏製薬会社などを、テレビ東京支局員が独自取材。巨額マネーがつぎ込まれた「ワクチン外交」も展開される中、日本が直面する課題とは…
続きを読む