【コーポレートサーチ北海道編】

2017/12/25(月)05:45
建設機械、大手の道産子企業「カナモト」が登場。東日本大震災をはじめ災害現場の復旧作業を支えてきたが、いまは2020年に開催が迫った東京オリンピック・パラリンピックに向けては、新国立競技場の建設現場などを支える。もともと「土木」の重機などのラインナップは豊富だったが、関東の再開発に伴う「建築」現場の機械の需要増をうけ、「高所作業車」の拠点を千葉に開設。シェア拡大を図る。一方、人材育成に重きを置くほか、次の成長のため海外にも拠点や現地法人を展開している。
続きを読む

関連キーワード