マイナス金利で仮想通貨の普及加速

2016/03/28(月)05:45
マイナス金利導入以降、市中に出回る現金が増えている。ただ、現金を手元に置くには盗難リスクや保管のコストもかかることになり、ビットコインなど「仮想通貨」のニーズが加速度的に高まることになりそう。今は値動きが荒いなど課題も多いが、決済としての利用は拡大を続ける「仮想通貨」今後、どこまで取り入れていくのか、社会設計の議論を急ぐ必要があると見る。解説はニッセイ基礎研究所 矢嶋康次氏
続きを読む