蓮舫代表VS安倍総理 初論戦

2016/09/29(木)05:45
参議院の代表質問で、民進党の蓮舫代表が就任後初めて安倍総理大臣との論戦に挑みました。

(蓮舫代表)「三本の矢は的に当たりもしなかった上、我が国の財政、経済、金融市場全てが傷だらけになった。今や本当に必要なのはアベノミクスそのものの検証ではないか。」

(安倍総理)「アベノミクス三本の矢の政策により政権交代後きわめて短い期間でデフレでない状況を作り出した。」蓮舫代表はアベノミクスを批判し教育や社会保障の充実など「人への投資」の強化を訴えましたが安倍総理はアベノミクスによって経済の好循環が回り始めたとして、これに応じませんでした。
続きを読む