がん患者の年収2割減

2017/08/17(木)05:45
働いている時にがんになった人が休職したり、仕事の量を抑えたりした影響で年収が平均で2割減少していることがライフネット生命保険の調査でわかりました。また、収入が減ったことで2人に1人が「医療費」や「生活費」に困ったと答えたほか、子供のいる家庭では4割が「教育費」に困ったと答えていて、病気による深刻な打撃が浮き彫りとなりました。
続きを読む