重要経済指標 相次ぐ

2019/11/18(月)05:45
15日は重要経済指標が相次いで発表されました。10月の小売売上高は、前の月から0.3%の増加となり、市場予想を上回りました。自動車・関連部品の回復が寄与し、7ヵ月ぶりにマイナスとなった9月からプラスに転じています。一方、10月の鉱工業生産指数は、前の月から0.8%低下し、市場予想も下回りました。前回に続き、GMのストライキの影響で製造業がマイナス0.6%に落ち込みました。また、11月のNY連銀製造業景気指数は、前の月から1.1ポイントマイナスの2.9となり、市場予想を下回りました。ただ、6ヵ月先の見通しを示す指数のうち、設備投資が際立って上昇しています。
続きを読む