英仏独 イラン制裁復活へ「手続き」発動

2020/01/15(水)05:45
イギリス、フランス、ドイツの3ヵ国が14日、イラン核合意をめぐり国連のイランに対する制裁復活に道を開く「紛争解決手続き」を発動したと発表しました。3ヵ国は声明で核合意からの逸脱を繰り返したイランの行動は「深刻さを増している」と批判し、合意義務を完全に果たすよう強く促しました。これに対し、イラン政府筋は「イランの違反を責める手続き発動は筋違いだ」と反発しました。一方、イラン司法府の報道官は14日、ウクライナ旅客機の撃墜に関与した複数の人物を逮捕したと発表しました。ただどのような人物を何の容疑で逮捕したのか、具体的な情報は明らかにしていません。またロウハニ大統領は14日の演説で旅客機の撃墜は「許せない過ち」と述べ、徹底的な捜査と責任の追及が必要だと主張しました。
続きを読む

関連キーワード

今日のラインアップ