新型コロナに立ち向かう!

新型コロナウイルスの影響で、イベント中止や休校などが相次ぎ先行きが見えない中、“コロナ危機”を乗り越えるため新しい取り組みが動き出している。今回の特集では、深刻なニュースが多い中で、前を向いて生活していくためのヒントになりそうな取り組みを紹介。“コロナ危機”の中で、どう過ごしどう働いていくかを考える上で参考にしてほしい。

2020/05/06(水) <WBS>回転ずしは感染対策とり営業

2020/05/05(火) <WBS>「ウィズ・コロナ」苦境のホテル“非対面に”

20/05/05(火) <ガイアの夜明け>新型コロナウィルスとの闘い 生き残れ!ニッポンの宿

2020/05/05(火) 22:00
新型コロナウィルスとの闘い 生き残れ!ニッポンの宿
例年、ゴールデンウィークと言えば、家族や仲間と旅行したり、イベントに参加したりと、楽しさが溢れる時期。しかし新型コロナウィルスに怯える今年は、これまで経験したことのない“不気味な静けさ”に包まれている。中でも観光業への打撃は深刻だ。多くの宿泊施設は、今まさに“休業”から“廃業”へと追い込まれようとしている。しかし、この逆境に立ち向かう人々がいる。国内外に42施設を展開する「星野リゾート」。その中で最も早く打撃を受けたのが、北海道の「OMO7旭川」だ。地元のスタッフは、今こそ“原点回帰”と、周辺の店舗を巻き込んだ取り組みをスタートさせた。さらに「星のや東京」では、あるシミュレーションを開始。それは「ウィズコロナ」を見据えたもの。業界をリードするブランドの次なる一手とは?一方、新潟。越後湯沢駅前の「HATAGO井仙」と南魚沼の「ryugon」、ふたつの宿を経営する井口智裕さん。従業員たちに「みんなの雇用は守る!」と宣言した先に見据えるのは、コロナ収束後だ。客のいない今こそ、“地域の魅力”を伝える新たな手法を考え出し、ワンランク上のおもてなしを準備しようというのだ。
 “ニッポンの宿”を守るため奮闘する人々の姿を追う。

■「若女将の決断は…」松井本館・別館(京都)
 京都市の中心街に位置する旅館「松井本館・別館」。年間6万5000人もの修学旅行生を迎えてきたが、新型コロナウィルスの感染拡大の影響で、春シーズン(4~7月)はほぼキャンセルに。宿を切り盛りするのは4代目・若女将の松井もも加さん(33)。売り上げの落ち込みをなんとか食い止めようと宅配弁当を始めるが、焼け石に水。ついに3月末、別館を休館することに。4月からは本館に宿泊客を集約、従業員を順番に休ませながら、営業を続ける決断をした。しかし、そのわずか1週間後、政府が緊急事態宣言を発令。さらなる苦境が…。
 
■「原点回帰」「ウィズコロナ」星野リゾート(北海道・東京)
 北海道・旭川で星野リゾートが運営する「OMO7旭川」。周辺にある旭山動物園、ご当地グルメの店から、地元民しか知らないディープなスポットまで、“街全体をリゾート”として提案する都市観光ホテルだ。売りは、旭川を知り尽くしたスタッフが「ご近所専隊OMOレンジャー」として周辺を案内する、ユニークなツアー。冬には、ウィンタースポーツ目当ての客が押し寄せ、全237部屋が満室になるほどの人気ぶりだった。
 しかし、新型コロナウィルスの影響で、今年3月の売り上げは、昨年の2割にも満たない。「OMOレンジャー」のツアーで案内しているご近所の商店街にも人影は無く、飲食店も大打撃。30年間居酒屋を営んできた店主は「厳しいです。政策金融公庫から1000万円借りることも考えている」と嘆く。
そんな中、「今こそ、我々で何かできないか…」と立ち上がった「OMOレンジャー」たち。その中心に立つのは、地元出身の室橋明子さん(38歳)。室橋さんが改めて立ち返ったのは、「ご近所に魅力があってこそのホテル」というOMOの“原点”だ。星野代表も駆けつけ始まった、ご近所との関係をより深め、ともに苦境を乗り越えていくための取り組みとは?
 そして、星野リゾートは、その先へも動き始めていた。4月、東京にある本社の会議室には、間隔を取りながら座る幹部たちの姿があった。代表の星野さんが呼びかけると、モニター上に揃った各施設の総支配人たちが、それぞれの状況を説明していく。星野さんが見据えるのは、1~2ヵ月先。事態が今より収束に近づいていた場合にすぐ動き出せるよう、あるプランの準備を進めていたのだ。それは、客が安心して泊まれる「3密のない滞在」を提供するというもの。「星のや東京」で従業員によるシミュレーションが始まった。しかし、そこには様々な課題が…。

■ 「不を逆手にとり今こそ攻勢に!」はたご井仙×雪国観光圏(新潟)
 新潟の越後湯沢にある旅館「HATAGO井仙」は、雪国ならではの料理と情の厚いもてなしが評判で、例年は季節を問わず満室。ところがこの4月、一日一組という日が目立つようになっていた。「湯沢温泉は悲鳴を通り越して沈黙です。倒れる所も出てくる」。宿を経営する井口智裕さん(46歳)は嘆く。雪国3県7市町村が連携して観光をアピールする「雪国観光圏」の代表も務めてきた井口さん。実は、連携地域である南魚沼の「龍言」旅館の経営を移譲され、昨夏「ryugon」として再出発させたばかり。古民家16棟を移築した、雪国文化が詰まった宿。ここを雪国観光圏の新たな拠点に、というその矢先、コロナショックが襲った。
0:43:56

多くの宿泊施設は、今まさに“休業”から“廃業”へと追い込まれようとしている。しかし、この逆境に立ち向かう人々がいる。“ニッポンの宿”を守るため奮闘する人々の姿を追う。

2020/05/01(金) <WBS>ドラッグストアの舞台裏

シリーズ「緊急事態宣言下で…」今回はマスクや消毒液が手に入らないと今お客からの厳しい声を受け止めているドラッグストア。休まず営業を続けるための様々な試みが始まっている。

2020/04/28(火) <ガイアの夜明け>未知のウイルスを知る!~いま中国から日本が学ぶこと~

2020/04/28(火) 22:00
未知のウイルスを知る!~いま中国から日本が学ぶこと~
収まる気配は全くなく、日々感染者が増える新型コロナウイルス。
そんな日本とは対照的に、ピークは過ぎ、平穏の日常を取り戻しつつあるのが中国だ。
2ヵ月余りで感染拡大に歯止めをかけた中国は一体何をしたのか?
中国一の商業都市・上海のビフォーとアフターから、拡大を防止する方法を学ぶ...。

中国・上海のいま
上海の観光スポット、そして繁華街は、4月になって人が溢れかえっている。
新型コロナウィルスの感染者が減り、「巣ごもり生活」から解放されたのだ。
みな一様にマスクを着けているが、以前の明るく楽しい姿を取り戻したように見える。
2月に日本同様、「マスク争奪戦」が、繰り広げられていた薬局。
再び、この薬局を訪ねると、以前のような殺気立った雰囲気はなく、あれだけ手に入らなかったマスクも普通に買うことができた。

中国・上海が感染拡大を防ぐためにやってきたこと…
1月の下旬から徐々に規制し、新型コロナウィルスの感染が拡大しないようにしてきた上海。
上海市内に入る道では、車に乗るすべての人の体温を調べ、熱があったら立ち入り禁止。
市内のほとんどのビルやマンションでも同様の措置がとられた。
また、「接触感染」を防ごうと、エレベーターのボタンを直接触れないような方策がとられ、どの地域のどの建物に感染者がいるかを、携帯のアプリで情報提供した。昨今よく言われる「個人情報保護」とは無縁の世界が、そこにあった。

感染者がいたマンションは今?
感染者がでたマンションを再び訪ねると、マンションのゲートでは、入国審査並みのセキュリティチェック。感染者も普通の生活に戻っているのに、敷地内の庭やエレベーター、廊下などを、1日2回、専門業者が消毒して回っていた。ピークが過ぎたにもかかわらず、「コロナ対策」の手を緩めていないのだ。

上海コロナ対策の基幹病院を単独取材
いまだ100人以上の人がコロナで入院している上海のコロナ対策の基幹病院の取材が許された。
専門化が集う「指令室」には、巨大なモニターがあり、コロナ患者の詳細な情報が映し出されていた。
驚くべきことに、現在入院している患者の多くは、10代から20代。高齢の人たちは、ほとんどいなかった。
そして、患者たちの症状も、これまでに来ていた「コロナ患者」の症状とは、違うものが多かった。
0:43:57

日本とは対照的に、ピークは過ぎ、平穏の日常を取り戻しつつあるのが中国だ。
2ヵ月余りで感染拡大に歯止めをかけた中国は一体何をしたのか?
中国一の商業都市・上海のビフォーとアフターから、拡大を防止する方法を学ぶ...。

2020/04/27(月) <プラス10>新型コロナ治療薬 急ピッチ開発を検証

新型コロナウイルスの治療薬開発が急ピッチで進んでいる。650以上の治験が登録されているが、迅速な審査や承認を可能にする仕組みが整っていないとの指摘も。

ゲスト:高田倫志(日本経済新聞 先端医療エディター)

2020/04/24(金) <WBS>世界各国の経済再開の鍵に!? 追跡!抗体検査の最前線

2020/04/23(木) <WBS>回転寿司は「非接触」 中小飲食店はデリバリーに活路

2020/04/23(木) <WBS>二次感染を防ぐ舞台裏

シリーズ「緊急事態宣言下で…」。今回は、新型コロナウイルスと闘う最前線でありながら、ほとんど知られていない消毒業者の舞台裏。

2020/04/22(水) <WBS>独占 アイリスオーヤマ マスク増産決定の舞台裏

2020/04/21(火) <WBS>休業で「売り上げ消滅」… 苦境の旅館 新たな活路

新型コロナによる需要減少、原油の次は「観光」。日本の有名温泉地で休業を余儀なくされた、ある高級旅館。逆境から「新たなビジネス」に活路を見出し動き始めた。

2020/04/21(火) <ガイアの夜明け>密着!緊急事態宣言 その後…

2020/04/21(火) 22:00
密着!緊急事態宣言 その後…
国内でも感染拡大が止まらない新型コロナウイルス。4月7日、東京を始め7都府県に“緊急事態宣言”が発令された。宣言後、何が変わったのか。人の行動を徹底的に分析。さらに宣言後も私たちの命や暮らしを守るために戦う人々がいた。宣言後の2週間、5つの現場をドキュメント取材。現場で見えてきたこととは…

インフラとして人々の暮らしを守れ…変化するコンビニ
社会インフラとなったコンビニエンスストア。緊急事態宣言下でも、人々の生活を守るため、営業を続けている。全国1万4000店以上を展開するローソン。宣言翌日、竹増貞信社長は各部署の責任者たちとTV会議に臨んでいた。そこで話題に上がっていたのが、緊急宣言以後の対応だ。感染拡大を防ぐにはどうしたらいいかに始まり、巣籠り消費をどう取り込んでいくかまで。客の動向の変化をいち早く察知し、店づくりや品ぞろえも臨機応変に変えていこうというのだ。すぐさま店に変化が・・・。その現場を取材する。

宣言後、本当に人の流れは変わったのか…
緊急事態宣言を受けて、各自治体では、外出自粛要請が出された。本当に人の流れが変わったのか。人の居場所の情報をデータで可視化し分析している企業がある。その一つが「アグープ」。携帯電話のGPS情報からどこにどれぐらいの人がいるかを定点で観測している。宣言の前後で街からどれだけの人が減ったのか、可視化してみてわかったことは…。また、同じく位置情報サービスの「クロスロケーションズ」。社長の小尾一介さんは元Googleで位置情報サービスに携わってきた。小尾さんによると、人がどこからどこへ移動したのかが分かるという。分析すると、宣言の前後をきっかけに東京から人が地方へ脱出しているというデータが…。その行方を追跡。

広がるデマ情報・・・ 宣言後に変化は?
日常にあふれるSNSやネットで発信される様々な情報。その中にはデマも少なからず含まれており、特に今回のように社会不安が漂う状況下では広がる可能性も高くなる。こうしたSNSやネット上の書き込みを独自に分析しているのが「スペクティ」という会社今回の宣言後も数多くの情報がネット上に・・・。分析すると意外な変化が表れていた。

ひっ迫する医療現場を救え… ウイルスを防ぐテント
緊急事態宣言後も、国内の感染者は増え続け、医療現場には、検査や診察に訪れる人が詰めかけている。そこで注目されているのが“医療用陰圧テント”。気圧を低くキープすることができ、ウイルスが外に漏れ出ることはない。そのため、医療施設で心配される院内感染など、感染拡大を防ぐ事が期待されている。更に最短1分で設置ができ、持ち運びも簡単なため、これを病院の外などに設置し、仮の病棟にする事で、より安全に診察できると注目が集まっている。この陰圧テントを始め、医療用にも使えるテントを作っているのが、東京ドームの天井も手掛けた、世界シェアトップクラスを誇る「太陽工業」だ。宣言後、さらに問い合わせが殺到。フル生産で対応し、日々、国内様々な医療現場へ送っていた。

医療崩壊を防ぐために・・・ アパホテルの決断
感染が広がるにつれ、問題となっているのが軽症者の受け入れだ。陽性反応が出たら入院が必要だが、今後も軽症者をすべて病院で受け入れるとなると、医療崩壊につながると危惧されている。そんな中、軽症者の受け入れを決断した企業がある。全国にホテルを展開する「アパホテル」だ。アパグループ代表の元谷外志雄さんは、政府筋から「軽症者用の受け入れ施設としてホテルを提供してほしい」との打診に、「国難のこの時に立ち上がらないといけない」と即断即決したという。
そして緊急事態宣言発表後、実際に神奈川県から依頼が飛び込んできた。元谷さんは横浜にある「アパホテル&リゾート横浜ベイタワー」で受け入れることに決めた。去年秋にオープンしたばかりの2311室もある日本最大級のホテルを丸々1棟貸すことにしたのだ。18日まで一般営業し、20日には患者の受け入れが始まる。その現場にカメラが密着する。
0:43:56

4月7日、東京を始め7都府県に“緊急事態宣言”が発令された。宣言後、何が変わったのか。人の行動を徹底的に分析。さらに宣言後も私たちの命や暮らしを守るために戦う人々がいた。宣言後の2週間、5つの現場をドキュメント取材。現場で見えてきたこととは…

2020/04/20(月) <プラス10>トップはいま雇用をどう守る?

いま、雇用を守るにはどうすればいいのか。新型コロナウイルスの感染拡大と外出自粛の影響で、売り上げが減り、資金繰りに苦しむ企業が増えている。打撃を受ける飲食業や製造業の経営トップに、従業員のためにやるべきことをインタビュー取材。政府の中小企業向けの資金繰り支援制度などを分析し、コロナ危機を乗り越える策を考える。

ゲスト:山口義行(立教大学 名誉教授)

2020/04/16(木) <WBS>高まる移動スーパーの役割

シリーズ「緊急事態宣言下で…」。企業、そして個人が担う役割にフォーカスする。
今回は、新型コロナの感染拡大で、役割がさらに高まっている移動スーパーの一日を追った。

2020/04/16(木) <WBS>続々と企業が名乗り 医療従事者への支援拡大

2020/04/16(木) <プラス10>ファッション業界がコロナ対策に立ち上がる!

ブルガリやシャネルといったブランドがマスクや防護服を製作するなど業界が一丸となってコロナ対策に力を合わせている。日本では兵庫県西脇市の伝統産業「播州織」を手掛けるアパレルメーカーが作ったマスクや下着メーカーでは肌触りの良さや伸縮性、フィット感など独自の技術を活かしたマスクを開発している。デザインや機能性などトレンドになる可能性も。

2020/03/16(月) <モーサテ>「タッチレス技術に注目集まる」

新型コロナウイルスの感染者が20万人を超えるニューヨークでは、感染を防ぐためにモノとの接触を避ける「非接触型」の新しいツールが登場し、注目を集めている。

2020/04/15(水) <日経プラス10>新型コロナで緊急導入! テレワーク見えてきた課題

2020/04/15(水) <モーサテ>【朝活タイム】ふちこの突撃マーケット・スペインかぜ

2020/04/14(火) <WBS>全店で通常営業 スーパー オーケーの舞台裏

シリーズ「緊急事態宣言下で…」。いま企業、そして個人が、果たすべき役割にフォーカスする。第一回目は、新型コロナ感染拡大の中も、全店舗で通常営業を続けるスーパーマーケット、オーケーの舞台裏に密着した。

2020/04/06(月) <日経プラス10>コロナ危機で広がる! オンライン診療

なぜ、オンライン診療は普及しないのか。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、自宅でパソコンやスマートフォンのビデオ通話機能を使い診療を受ける仕組みに注目が集まっている。ただ、対面診療の脇役という位置付けでオンライン診療を初診で使うことに障壁がある。医療スタートアップの代表などを招き、今後を展望する。

2020/04/03(金) <WBS>日本は遅れ?「社会的距離」で感染防げ

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために人と人との距離を1メートルから2メートルとるという、SOCIAL DISTANCING=社会的距離です。こうした動きは、イギリスではすでに感染予防のために“社会的距離”が浸透しています。

2020/03/31(火) <WBS>ネットやSNS情報 真偽を見極める最前線

2020/03/31(火) <WBS>在宅にオススメ!自宅でできる人気レシピ

新型コロナウイルスの影響で、自宅で料理をするという人も多い。こうした中、アクセスが増えているのがクックパッド。3月上旬の人気レシピをランキング。

2020/03/31(火) <日経プラス10>「激動の時代」のマネー運用術

2020/03/25(水) <日経プラス10>新型コロナ感染拡大を抑える台湾に学ぶこと

台湾やシンガポールなどはSARS(重症急性呼吸器症侯群)の経験から体制を構築したことや台湾ではマスクが人々にいきわたるよう台湾当局が機械メーカーなどに協力を要請し、生産ラインを増やしアプリでどこで購入することができるかわかるようにしている。日本も学ぶべきことを専門家が伝える。

ゲスト:松田康博(東京大学東洋文化研究所 教授)

2020/03/23(月) <日経プラス10>新型コロナで経営危機 支援広げるネットサービス続々

2020/03/18(水) <WBS>新型コロナで苦境の食材を救え

新型コロナウイルスの感染拡大で消費が落ち込み、安値となった海の幸などを店頭で販売して農業や漁業関係者を支援しようという動きが始まりました。

2020/03/17(火) <モーサテ>逆境に立ち向かう日本酒「獺祭」

2020/03/16(月) <WBS>新型コロナに負けるな! 日本企業の闘いに密着

社員が新型コロナウイルスに感染していたことが確認され、業務停止していた小松マテーレが2週間ぶりに業務を再開。その初日を取材しました。また、観光バスのキャンセルが相次ぐ中、無料通勤バスを開始したバス会社の取り組みとその思いに迫ります。

2020/03/10(火) <ガイアの夜明け>見えない敵と闘う~“新型コロナ”に立ち向かう企業~

2020/03/10(火) 22:00
見えない敵と闘う~“新型コロナ”に立ち向かう企業~
新型コロナウィルスの感染拡大を、いかに防ぐか?企業活動や、市民生活に大きな影響が出始めた中、動き出した日本企業の独自の取り組みを追う。簡易検査キットや、新型マスクなどこれまで培った技術や、研究開発の成果を活かそうと「ウィルス対策」に独自の強みを持つベンチャー企業たちが動き出している。こうした民間企業の持つ技術や開発した成果は、「新型コロナ対策」にどこまで役に立つのか?そして官民がタッグを組んで、経験したことのない「国難」に当たれるのか?一方、震源地となった中国では、生産活動、物流機能が麻痺。中国に依存してきた多くの日本企業にとって、今後、オペレーションの見直しが出ることは必至だ。「見えない敵」の脅威に日本企業はどう克服しようとしているのか?

 【コロナショック…感染拡大を防ぐ!約15分で「判定」できる検査キットを作る】
ウィルスを可視化することで人々の不安を解消し、感染拡大を阻止するためにも注目される簡易検査キット。大手に先駆け、開発に着手していたのは大阪大発のベンチャー企業「ビズジーン」だ。ベンチャーなので資金は潤沢ではない。しかし、世の中のために役に立ちたいと、開発を始めた研究者兼経営者の開發邦宏さん。これまでに開発したデング熱の簡易検査キットやDNA試験サービスなどの知見を活かし、すでに武漢の感染者のDNA解析を終了。新型コロナウィルスの特徴的なDNA配列を解明したという。現在、そのDNAだけに反応するという検査試薬を作成中だ。さらに開發さんは検査キットの大量生産を可能にするため、タイで委託製造出来る企業を探しに行くことに。さらに、検査キットの精度を上げるには「ウィルスの分与」も必要で、厚労省の「承認・認可」など世の中に送り出すためには、高いハードルがある。検査を巡っては医療機関への負担軽減も指摘される中、開發さんの検査キットの開発はどうなる?

 【“ダチョウマスク”ウィルス感染を止める!新型マスクの開発】
新型コロナウィルスの感染拡大で、神戸で飼育するダチョウの卵で作る抗体を染み込ませたマスクが注目されている。京都府立大教授で開発者の塚本康浩さん(50)。医療用の抗体は通常、マウスやニワトリの体内で作られる。塚本教授は他の動物よりも早く抗体が形成されるダチョウの卵を使うことに成功した。2008年にインフルエンザなどの抗体をコーティングした「ダチョウ抗体マスク」は、これまでに累計約8千万枚が売れたという。塚本教授は新型コロナウィルス用に、新たな抗体作りにも取り組んでおり、約1カ月後の実現を目指すという。口や鼻からの感染を防ぐグミやキャンディー、スプレーの開発も。「ダチョウグッズ」は、感染拡大を止める一助になるか?

【人が、物が動けない…どうする?日本企業の正念場 ビジネスを止めない闘い】
国内従業員の在宅勤務も始まった日本企業。震源地となった、中国の経済活動が正常化するには、まだまだ時間がかかる。感染者が多く出た湖北省に繊維工場を持つ「オーダースーツ」業界に着目。新社会人向けのスーツなどの発注を受けた企業は、生産拠点をどうするか対策を練っている。中国から生産を移管、インドネシア、ベトナムなど、東南アジアに代替生産地も検討されている。ウィルス感染拡大が、日本企業のビジネスにどんな影響をもたらすのか?危機を乗り切るリスクマネジメント、その決断の行方を追う。
0:43:27

新型コロナウィルスの感染拡大を、いかに防ぐか?企業活動や、市民生活に大きな影響が出始めた中、動き出した日本企業の独自の取り組みを追う。「見えない敵」の脅威に日本企業はどう克服しようとしているのか?

・コロナショック…感染拡大を防ぐ!約15分で「判定」できる検査キットを作る
・“ダチョウマスク”ウィルス感染を止める!新型マスクの開発
・人が、物が動けない…どうする?日本企業の正念場 ビジネスを止めない闘い

2020/03/08(日) <池上特番>池上彰の新型コロナ大疑問SP~危機を乗り越える方法を考えよう~

日々その影響が深刻化する新型コロナウイルス。これからどうなるのか、何が起こっているのか…そのギモンを一気に解決!
“コロナ危機”とも言える状況をどう乗り越えていけばいいのか?その方法や道筋をみんなで探っていきます!

【MC】池上彰(ジャーナリスト)、大浜平太郎(テレビ東京キャスター)、森本智子(テレビ東京アナウンサー)
【解説】松本哲哉(国際医療福祉大学教授)、大谷義夫(池袋大谷クリニック院長)、滝田洋一(テレビ東京WBS解説キャスター)
【特別ゲスト】加藤勝信(厚生労働大臣)
【ゲスト】パックン、坂下千里子

2020/03/06(金) <日経プラス10>新型コロナで「リモート就活」に脚光!

2020/03/04(水) <日経プラス10>シリーズ「億り人」に聞く・先行き不安に負けない投資術

2020/03/02(月) <ゆうサテ>新型肺炎 家庭での予防策は

政府の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議メンバーで日本環境感染学会の理事長をつとめている東京慈恵会医科大学の吉田正樹教授が家庭での予防策を解説する。

2020/03/02(月) <WBS>暮らし揺さぶる新型肺炎 世界同時株安には歯止め?