チューリップ畑で「来年会おう」

2020/04/27(月)11:00
茶色や緑から、赤や黄色に変化していく畑。
これは、オランダのチューリップ畑で花が見ごろを迎える様子を、人工衛星が捉えた一連の画像です。
4月5日から20日にかけて、一帯が鮮やかに彩られていきます。
しかし、今年は異変がー。
写真中央にあるのは、世界最大のフラワーパーク、キューケンホフ公園。
ただ、今年は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、6月1日までの閉演が決まっていて、公園内で満開のチューリップを楽しむことはできません。
こうした中、キューケンホフ公園からほど近い、こちらの家族経営の農園は、同じく閉園中ですがー。
巨大なハートの模様とともに、「SEE YOU NEXT YEAR 来年会いましょう」の文字が。
チューリップを見に来られなかった人たちへのメッセージを、フラワーアートで表現しました。
こちらの農家は、ツイッターで、「これで、皆さんの一日が少しでも明るくなることを願っています。来年お会いしましょう」とコメントしています。
オランダでの、新型コロナウイルスの感染者数は26日時点で3,7845人、死者は4,475人に上っています。
続きを読む