“夜の繁華街”対策を協議

2020/06/07(日)17:00
夜の繁華街を中心に新型コロナウイルスの新たな感染者が増加していることを受け、
西村経済再生担当大臣と東京都の小池知事が専門家を交えて会談し、
今後の対策などについて意見を交わしました。

西村大臣と小池知事は夜の繁華街での感染拡大防止のため、
繁華街で働く人が積極的に検査を受けられるよう定期的な検査の体制づくりや
相談窓口の設置などを進めていく方針を共有しました。
また国と東京都で今後とも緊密に情報共有をするとともに、
関係する業界とも連携しながら対策を進めていくことが重要であるとの認識で一致しました。

こうした中、東京都できょう、新型コロナウイルスの感染者が新たに14人確認されたことが都の関係者への取材でわかりました。
このうち、6人が接待を伴う飲食店など夜の繁華街と関連があるということです。
都内ではおととい20人、きのう26人の感染が確認されていて、きょうの14人を入れて7日連続、2桁の感染者数となりました。
続きを読む