2100年 日本のGDPは世界4位…世界の人口と経済力予測

2020/07/16(木)18:00
アメリカのワシントン大学の研究者らが、
2100年の世界の人口と各国の経済力を予測した研究報告が、
イギリスの医学誌「ランセット」に掲載されました。

研究チームは、世界の総人口が
2064年におよそ97億人でピークを迎えたのち、
2100年にはおよそ88億人に減少すると予測。
国連による現行の予測よりも20億人減るとの分析です。

この人口減少は、
教育水準が上がり、今よりも仕事をする女性が増えて
出生率が低下するためとしています。

こちらは、
2100年の各国の人口予測です。
現在世界一位の中国は、14億人から7億3,000万人に減り、3位になる見通し。
代わりに、インドが11億人で1位、
ナイジェリアが3倍以上増え、8億人近くに達して2位になる予測です。
アメリカは、移民政策の効果などで、
微増の3億4,000万人となり、4位となる見通しです。
一方、日本は半減の6,000万人となり、10位から38位になるとしています。

また、研究チームは、
この人口推計をもとに、
各国のGDP=国内総生産を見積もりました。

現在1位のアメリカ、2位の中国の順位は、
2035年には逆転しますが、
2050年以降の中国の急速な人口減少によって、
2098年には再びアメリカがトップに返り咲くと予測しています。
日本については、人口は大きく減少しますが、
GDPは2100年時点で、順位を1つ落とした4位をキープすると見込んでいます。
一方、人口が急増するナイジェリアは、
28位から9位に大きくジャンプアップするとしています。

研究チームは、
「人口減少は、二酸化炭素の排出量削減や
食料の生産に負荷がかからなくなるため良いニュースになる可能性があるが、
労働者と納税者の減少により、経済的な課題が生じるだろう」
とコメントしています。

※引用元
●論文:The Lancet
Stein Emil Vollset, et al., Fertility, mortality, migration, and population scenarios for 195 countries and territories from 2017 to 2100: a forecasting analysis for the Global Burden of Disease Study

●プレスリリース:EurekAlert!
World population likely to shrink after mid-century, forecasting major shifts in global population and economic power
続きを読む