進化する翻訳サービス

2015/11/20(金)23:00
成田空港が公開した翻訳機能がついた拡声器「メガホンヤク」。日本語を英語、中国語、韓国語に翻訳してくれます。2020年の東京オリンピックに向け、実用化を目指します。翻訳サービスの市場は約2,000億円ともいわれ、異業種からの参入も相次いでいます、近畿日本ツーリストは、音声翻訳ロボットを貸し出すサービスを始める計画です。精度面に課題が残る音声翻訳に対し、人を介した翻訳事業が好調といいます。NTTマーケティングアクトが展開する通訳サービスの取引先は去年の2倍に増加しました。細やかなサービスができる人とコストが安い音声翻訳の競争が激しさを増しそうです。


取材先

・成田国際空港 IT推進部

・近畿日本ツーリスト 未来創造室

・フュートレック

・シェラトン都ホテル東京

・NTTマーケティングアクト 営業企画担当

・さくらタクシー
続きを読む