日本発の“夢の金属”が世界へ

2016/11/02(水)23:00
日本生まれの金属「コバリオン」。日本で開発された、高い強度やアレルギーの原因となるニッケルをほとんど含まないことなどから、医療器具・アクセサリーの素材として注目が集まっています。そのコバリオンが、9月にアイルランドで開かれた「世界カキむき選手権」の優勝賞品に採用されました。コバリオンの製造元、岩手県にある企業「エイワ」の佐々木氏がPRのため売り込んだのです。地方企業として生き残るため、海外展開に活路を見出そうとする佐々木氏は、イギリスで、ダイアナ妃の服のデザインを数多く手がけた経験を持つ有名デザイナーのコステロ氏との商談に臨みました。結果、コステロ氏のブランドで、コバリオンを使った指輪を来年3月に発売することが決まりました。


取材先

・エイワ

・ポール・コステロ

・東北大学

・京セラ クレサンベール銀座店
続きを読む