大江キャスターが歩く ホテル“個性対決”の舞台

2014/04/02(水)23:00
大江キャスターが経済ニュースの現場を歩くシリーズ特集「しなやかに変わる街」。1回目のきょうは、大規模なビル開発が進み、ホテルの開業ラッシュとなっている東京駅周辺を歩きます。東京駅八重洲口から徒歩4分のところに2日オープンしたのが「コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション」。米国最大規模のホテルグループが展開しています。誘致した森トラストグループは「マリオット」の世界的なブランド力に期待し、フランチャイズ契約、外国人ビジネス客を狙います。大手町タワーには、スーパーラグジュアリーホテル「アマン東京」が日本初進出、今年中に開業予定です。沸く外資系ホテルと正面から戦いたいというのが星野リゾートの星野社長。星野リゾートも、大手町に高級旅館「星のや東京」を2016年に開業予定です。


取材先

・星野リゾート

・森トラスト・ホテルズ&リゾーツ
続きを読む