食のバリアなくせ

2014/05/27(火)23:00
福岡県八女市の古賀製茶本舗はユダヤ教の戒律にそった食べ物であるというコーシャ・ジャパンの認証をとりました。コーシャ認証をとった煎茶を来月からスーパーのコストコで販売します。コーシャ・ジャパンを運営する日本ハバッドハウスは、来日したユダヤ人にコーシャの弁当を配送するサービスも行っています。アメリカでコーシャの市場は年々15%ずつ伸びているという調査結果もあります。埼玉県の「割烹やま」は、イスラム教の戒律にそった食べ物であるハラールの和食の試食会を開きました。外国人ムスリムのハラール和食へのニーズは高いとみて、需要を取り込む考えです。富士そばもハラールメニューの開発を進めています。関西国際空港は食材ピクトグラムという、食材をあらわす絵文字を採用しています。成田空港も7月をめどに導入します。飲食店用の外国人向けメニュー作成を支援する東京都のサイトで、今年度中に宗教に対応することがわかりました。


取材先

・日本ハバッドハウス

・割烹やま

・富士そば(ダイタングループ)

・インターナショクナル
続きを読む