ネット宅配クリーニング 大丈夫?

2015/08/04(火)23:00
国内クリーニング産業の規模はピーク時の8,000億円から4,000億円に半減しました。価格競争や家庭用洗濯機の機能向上が原因です。さらに後継者不足で廃業する店も増えています。
一方、成長しているのがネット宅配クリーニング。ネットで予約した日時に自宅に来る宅配業者に衣類を渡すだけで、クリーニングされた衣類が数日後に戻ってきます。最大手のリネットで会員数は15万人です。
しかし問題も起きています。国民生活センターによると5年でネット宅配クリーニングのトラブルは9倍に増えました。トラブルを起こす悪質業者を減らそうとリネットはクリーニングを依頼する工場のレベルを上げる取り組みや、業界の共通基準を作る取り組みを始めました。
リネットを運営するホワイトプラスの井下孝之社長は「安心安全が担保できてリピートしてもらうのがいいことだ、という業界にしたら発展する」と述べました。


取材先

・鍋横クリーニング

・ホワイトプラス

・バスケット
続きを読む