【THE行列】バウムクーヘン

2015/02/20(金)23:00
千葉の金谷にあるバウムクーヘンのお店「見波亭」。ここには、毎週土日になると、30人から40人ほどの行列ができる。客の目当ては、焼きたてバウムクーヘン。客の目の前で、切って販売する。客の多くが食べたときのふわふわした食感に驚く。このふわふわの食感をうみだす秘けつは、地元産の卵と牛乳にある。卵はエサに穀類をつかっているので、黄身が濃厚。ここに低温殺菌で作った牛乳を加えることであの食感がうみだされる。地元にこだわったのは、社長の「地元に貢献したい」という想いから。バウムクーヘンの行列が地元の農家にもいい影響を与えている。卵農家は「バウムクーヘンが売れるのにあわせてたまごの量も増えていくんでうれしい」と話した。町に若い人を呼び込もうと「ゆるい就職制度」という週3勤務の取り組みを始めている。この制度で4月からは新たに3人の受け入れを予定している。


取材先

・富洋観光開発
続きを読む

関連キーワード