【白熱!ランキング】普通運賃で乗れる!!観光列車

2018/01/24(水)23:00
豪華寝台列車など鉄道旅行に人気が集まるなか、普通運賃で乗れる一味違う観光列車にも注目が集まっています。7位の土佐くろしお鉄道「しんたろう号・やたろう号」は海沿いを走り、風を感じながら列車にのれるオープンデッキ車両が魅力です。2位に入ったのはJR四国の「鉄道ホビートレイン」です。0系新幹線をモチーフにした、見た目は新幹線の車両です。内装も実際に新幹線で使われていた椅子などがあり、乗客を楽しませます。そして1位に輝いたのはJR九州の「いさぶろう・しんぺい」です。100年以上の歴史を持つ肥薩線を、レトロな内装の列車で旅します。ループ線やスイッチバックも鉄道ファンを惹きつけます。さらに駅には5分程度停まり乗客はあたりを散策できます。109年前にできた大畑駅は名刺をはると出世するといわれ、無数の名刺が張ってあります。通勤通学ニーズが少ない地方路線にとってこうした観光列車は路線存続をかけたものなのです。


取材先

・JR九州

・JR四国

・土佐くろしお鉄道
続きを読む

関連キーワード