米中貿易戦争激化 対中関税第4弾 9月発動

2019/08/02(金)23:00
アメリカのトランプ大統領は、ツイッターで、中国に対して9月から第4弾となる制裁関税を課すと発表しました。これに対し中国政府は厳しく非難。対抗措置を示唆しました。こうした米中報復関税合戦は、2020年の世界経済成長率を0.5%下押しするとの見通しもあり、世界的な景気悪化への懸念から、各国のマーケットは大きく揺れました。1日のニューヨーク株式市場では、ダウは前の日に比べ、280ドル以上の下落。2日の東京株式市場で、日経平均株価の下げ幅は、一時580円を超えました。2日の終値は前の日より453円安い、2万1,087円でした。中国や香港などアジアや欧州の市場も軒並み下げ、世界同時株安の様相を呈しました。為替も反応。ドル円相場は、6月以来の円高水準となる一時106円台を付け、円高・ドル安が進みました。
続きを読む