金銭授受疑惑 甘利大臣“当面続投”の方針

2016/01/26(火)23:00
建設会社からの金銭授受疑惑が浮上している甘利経済再生担当大臣をめぐり、政府は甘利大臣自らが口利きの見返りに現金を受け取ったとされる疑惑を否定し、説明責任を果たせると判断して、当面続投させる方針であることが分かりました。甘利大臣はあさって木曜日の夕方に、自身の疑惑について説明する記者会見を開く見通しです。政府高官は「説明できると聞いている」と述べ、この記者会見で、納得できる説明がなされるとの見方を示しました。政府は来月4日にニュージーランドで開かれる、TPP=環太平洋経済連携協定の署名式には甘利大臣を派遣する方針で、国会の承認を得たい考えです。
続きを読む