山手線新型車両が運転再開

2016/03/07(月)23:00
ドアなどのトラブルで運転を中止していた山手線の新型車両「E235系」についてJR東日本は、システムの不具合を改善したとしてきょう、運転を再開しました。この車両は、去年11月30日に運転を開始しましたが、初日にドアが開かないなどのトラブルが3件発生し、運行を取りやめていました。初日のきょうは外回り8周に限って運行し今後本数を増やします。JR東日本は2020年までに山手線の全ての車両を新型車両に切り替える方針です。
続きを読む