定年後の賃下げ認める 東京高裁

2016/11/02(水)23:00
定年後に再雇用されたトラック運転手が、定年前と同じ業務なのに賃金を下げたのは不当だと会社側を訴えた裁判で、東京高裁は一審判決を取消し、会社側勝訴の判決を言い渡しました。東京高裁は、判決で「一定程度、賃金が減額されることは社会的に容認されている」と指摘した上で「企業の人件費の無制限な増大を回避し、労働者全体の安定的雇用を実現する必要がある」としました。
続きを読む