韓国朴大統領弾劾へ 野党3党合意も…

2016/12/02(金)23:00
韓国・朴槿恵大統領の弾劾を目指す野党3党は、採決を9日にすることで合意しました。ただ可決するためには、与党セヌリ党議員28人以上の賛成が必要となりますが、成立するかどうかは微妙な状況です。というのも、一時は弾劾に賛成する方針だった、与党セヌリ党の非主流派は1日に「朴大統領が4月末までの辞任を受け入れれば、弾劾は必要ない」と立場を一転させたためです。ところが2日に会合を開いた非主流派は、7日の午後6時までに朴大統領が具体的な退任時期を表明しない場合、9日の弾劾訴追案の採決で賛成に回る方針を固め、立ち位置を再び戻す構えを見せました。朴大統領の支持率は過去最低の4%のままで、世論を敵に回したくない与党非主流派は、与党と野党の両方をてんびんにかけながら、朴大統領の出方をうかがっている形です。朴大統領は、週明けに談話を発表すると見られ、辞任時期について明言するかに注目が集まっています。
続きを読む