“カジノ法案”衆院委で可決

2016/12/02(金)23:00
国内でのカジノ解禁を含むIR推進法案が2日、衆議院内閣委員会で自民党や日本維新の会などの賛成多数で可決されました。IR推進法案は、外国人観光客の誘致など新たな経済効果が期待される一方で、ギャンブル依存症の増加などを懸念する声もあります。今まで慎重な姿勢を示してきた公明党は、党内の意見がまとまらず、異例の自主投票を決め、委員会に所属する3人のうち2人の委員が法案に反対し、与党内で意見が分かれる結果となりました。一方、野党・民進党はわずか6時間の審議で採決を行うことに反発し、委員会を途中退席しました。自民党などは14日の会期末までの成立を目指します。
続きを読む